芸能

あの路線は撤回した?吉岡里帆、最新袋とじグラビアにファン大ショック!

 唯一無二の“神バスト”を持ちながら、それを活かすことなく当たり障りのないグラビアを続けてきた女優の吉岡里帆。

 それが突如として方向転換したのは、昨年12月に発売された「週刊プレイボーイ 1・2合併号」のこと。衣装から胸がこぼれおちそうになっているカットや、前かがみで胸の大きさをアピールする写真が掲載され、男性ファンを大いによろこばせた。

「吉岡は以前、グラビアを否定するような発言をしたとして騒ぎになったことがあります。それ以降、グラビアに挑戦しても、肌見せは少なく胸も目立たないものばかりでした。それが突如として路線変更したので、驚きの声が上がりました。これから彼女のより艶っぽい姿が見られると思っていたんですが、最新のグラビアで以前の路線に戻ってしまったようです」(グラビア誌編集者)

 それは1月10日発売のフライデーの袋とじグラビア。「いま日本で最も輝いているヒロインを最新撮」と第して、表紙、巻頭カラー、インタビュー、そして12ページもの「プレミアminiブック」がついている。渾身のグラビアだが、中身は残念だとの評なのだ。

「週プレであんなに胸アピールをしていたのに、フライデーではそれがまったくないんです。miniブックは袋とじ状態になっているので、さぞ大胆な姿なのかと思っていたのですが、開いてみたら巻頭グラビアとまったく変わりませんでした。これならなんのために袋とじ状態にしたのか。期待した自分がバカみたいでしたね。吉岡は今後もこの路線で行くのでしょうか」(週刊誌記者)

 大胆路線に再びかじを切り、魅惑のFカップを披露してくれる日が早く来てほしいものだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ケガ離脱中」巨人・坂本勇人復帰後の「取り扱い」を原監督が明言した
2
石田ゆり子が「服を着ていない丸出し写真」公開、あんなところまで見えてる!
3
ピンク・レディー「再結成ステージ」がまさかの「15分で終了」のアキレた舞台裏/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
4
佐々木希を「公開処刑」に追い込んだ秋田の超絶美女アナ「Dバスト素顔」
5
岡村隆史が猛批判!アンガールズ田中の「めちゃイケ」丸パクリ番組に「こんな悲しいことある?」