芸能

あの路線は撤回した?吉岡里帆、最新袋とじグラビアにファン大ショック!

 唯一無二の“神バスト”を持ちながら、それを活かすことなく当たり障りのないグラビアを続けてきた女優の吉岡里帆。

 それが突如として方向転換したのは、昨年12月に発売された「週刊プレイボーイ 1・2合併号」のこと。衣装から胸がこぼれおちそうになっているカットや、前かがみで胸の大きさをアピールする写真が掲載され、男性ファンを大いによろこばせた。

「吉岡は以前、グラビアを否定するような発言をしたとして騒ぎになったことがあります。それ以降、グラビアに挑戦しても、肌見せは少なく胸も目立たないものばかりでした。それが突如として路線変更したので、驚きの声が上がりました。これから彼女のより艶っぽい姿が見られると思っていたんですが、最新のグラビアで以前の路線に戻ってしまったようです」(グラビア誌編集者)

 それは1月10日発売のフライデーの袋とじグラビア。「いま日本で最も輝いているヒロインを最新撮」と第して、表紙、巻頭カラー、インタビュー、そして12ページもの「プレミアminiブック」がついている。渾身のグラビアだが、中身は残念だとの評なのだ。

「週プレであんなに胸アピールをしていたのに、フライデーではそれがまったくないんです。miniブックは袋とじ状態になっているので、さぞ大胆な姿なのかと思っていたのですが、開いてみたら巻頭グラビアとまったく変わりませんでした。これならなんのために袋とじ状態にしたのか。期待した自分がバカみたいでしたね。吉岡は今後もこの路線で行くのでしょうか」(週刊誌記者)

 大胆路線に再びかじを切り、魅惑のFカップを披露してくれる日が早く来てほしいものだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
永島優美、仕事とプライベートの充実ぶりで隠しきれない爆裂バストの“張り”
2
「麒麟がくる」出演者の「バスト見せ&元気な下半身」が話題沸騰!
3
今田美桜、「女子高生時代の水着動画」拡散で“バスト急成長の謎”論争が勃発!
4
「絶対負けたくない」NHK上原光紀が“ライバル心をムキ出しにした”先輩アナ
5
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃