芸能

あの路線は撤回した?吉岡里帆、最新袋とじグラビアにファン大ショック!

 唯一無二の“神バスト”を持ちながら、それを活かすことなく当たり障りのないグラビアを続けてきた女優の吉岡里帆。

 それが突如として方向転換したのは、昨年12月に発売された「週刊プレイボーイ 1・2合併号」のこと。衣装から胸がこぼれおちそうになっているカットや、前かがみで胸の大きさをアピールする写真が掲載され、男性ファンを大いによろこばせた。

「吉岡は以前、グラビアを否定するような発言をしたとして騒ぎになったことがあります。それ以降、グラビアに挑戦しても、肌見せは少なく胸も目立たないものばかりでした。それが突如として路線変更したので、驚きの声が上がりました。これから彼女のより艶っぽい姿が見られると思っていたんですが、最新のグラビアで以前の路線に戻ってしまったようです」(グラビア誌編集者)

 それは1月10日発売のフライデーの袋とじグラビア。「いま日本で最も輝いているヒロインを最新撮」と第して、表紙、巻頭カラー、インタビュー、そして12ページもの「プレミアminiブック」がついている。渾身のグラビアだが、中身は残念だとの評なのだ。

「週プレであんなに胸アピールをしていたのに、フライデーではそれがまったくないんです。miniブックは袋とじ状態になっているので、さぞ大胆な姿なのかと思っていたのですが、開いてみたら巻頭グラビアとまったく変わりませんでした。これならなんのために袋とじ状態にしたのか。期待した自分がバカみたいでしたね。吉岡は今後もこの路線で行くのでしょうか」(週刊誌記者)

 大胆路線に再びかじを切り、魅惑のFカップを披露してくれる日が早く来てほしいものだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
橋本環奈の70万円が関係?「ゴチ」大不評な“割り勘ルール”導入の裏事情
2
テレ東・田中瞳、「WBS」生放送中に映りこんじゃった!?スカートの奥の奥
3
「着飾る恋」川口春奈&横浜流星の「マッパ温泉シーン」で苦情が飛び交ったワケ
4
「バス旅」にまたしてもヤラセ疑惑!?ゴール直前に発生した“トイレ事件”
5
有吉弘行、あの土屋敏男氏が明かした猿岩石“想像もつかない起用秘話”とは?