芸能

勝新太郎、黒澤明監督と激突した世紀の降板劇/「昭和スター」破天荒列伝(7)

 日本映画史上、最大とも言える俳優の降板劇が起きてしまったのは、79年7月のことだった。

 12億5000万円もの製作費が話題になっていた黒澤明監督の「影武者」の撮影前に行われていた2回目のリハーサルの中、主演の勝新太郎が突然、降板することとなったのだ。

「発端は、勝が自身の演技を見直すために現場でビデオを回したいと言い出したこと。これを黒澤監督は『ぼくが見ているから必要ないでしょう』と強く断ったところ、勝は、『あっちが世界のクロサワなら、オレは天下の勝新太郎だ』とにらみつけるようにして言い放った。監督も一歩も引かず、勝は自分のワゴンカーに立てこもってしまった。プロデューサーの説得にも応じずに、『帰る!』の一点張りの勝に、黒澤監督も車に乗り込んで話し合いを持ったが、『こんな気分では芝居はできない』という勝に、『それならやめてもらうしかないな』と車を降りてしまったんです」(映画関係者)

 黒澤監督は、勝が謝ってくれば許すつもりだったようだが、これが大きくスポーツ紙に報じられてしまったことで、その機会が失われ、そのまま勝の降板が決まってしまったという。

「説明の会見を開いた黒澤監督は、なんとその最中にマネジャーに指示をして仲代達也に電話を入れ、勝の代役が決まりました。仲代の鬼気迫る熱演で、80年に公開された同作品はカンヌ映画祭でパルム・ドールを受賞し、世界で大ヒット。勝は、世界にその存在を知らしめる最大のチャンスを逃すことになってしまいましたね」(前出・映画関係者)

 正直、どちらも大人げない気がしないでもないが、熱い時代であったことは間違いない。

(露口正義)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
神田愛花、日村が心配!体臭好き“下半身奇行”にドン引きの声
2
吉岡里帆、“バストがFから縮小”疑惑写真で逆に「脱いだらスゴイ」妄想できる!?
3
一緒に映ったらまさか…河北麻友子が親友・桐谷美玲に動画で“公開処刑”!?
4
美女アナ 朝っぱら情報番組「後継レース」(3)NHK・桑子真帆は結婚で退社?
5
太川陽介、新「バス旅」で冴え渡った独壇場“乗り継ぎテク”