スポーツ

清宮&吉田輝、「後輩新人選手」の“外出自由”は二軍スタートより屈辱だった!?

 清宮、吉田輝星は「ウラヤマシイ!」と思っているのでは?北海道日本ハムファイターズが春季キャンプの一、二軍の振り分けを発表した。「ひょっとしたら?」の期待もあったが、即戦力の呼び声も高いドラフト1位ルーキーの河野竜生も二軍スタートとなった。日本ハムは基本的に「新人は慣れるまで二軍」というスタンスだ。

「5位に沈んだチームを立て直すため、昨秋のドラフト会議では、社会人、大学生中心の指名となりました。河野はケガさえなければ、開幕ローテーション入りさせると思われます」(スポーツ紙記者)

 事情は異なるが、清宮、吉田の“元ドラフト1位”も二軍スタートとなった。開幕一軍が約束されているような扱いは、うらやましいはず。しかし、清宮、吉田が河野に嫉妬を抱くであろう理由はほかにあった。河野を始め、今年の新人7選手は“オトナ扱いのフリー”となったのだ。

「育成を含め、新人10人中9人が社会人、大学生です。大谷翔平が入団した2013年以降、日本ハムは外出する際にいろいろと申告をしなければならない規則になっていました。どこに行くのか、誰と一緒で、誰と会うのかなど…」(球界関係者)

 それが、今年の新人については、ほとんど20歳を過ぎたオトナばかりだから、その必要はないと判断したのだという。3位の上野響平は高卒ルーキーだが、「一人だけ」はかわいそうなので同じくオトナ扱いすることになったそうだ。

「もともと、『外出の申告制』は、大谷が入団してきた時に設けたルールなんです。その後、清宮、吉田とビッグネームの新人が続いたので『申告制』もなくなりませんでした」(前出・球界関係者)

 3年目を迎える清宮だが、故障・手術明けとはいえ、二軍スタートを屈辱に感じている。特に吉田に関しては、「体がひと回り大きくなった。オフの間、かなり走り込んでいるはず」(前出・スポーツ紙記者)とのこと。年上だが、後輩となる彼らのオトナ扱いを発奮材料にすれば、2年目の躍進も期待できそうだが…。

「吉田は昨年6月にプロ初勝利を挙げました。でも、二軍で1勝も挙げていないのに一軍昇格となり、初登板初先発で勝ち投手になったので、周囲からの嫉妬はありましたね」(前出・関係者)

 この時点から、吉田は「見返してやる」の気持ちを持ったそうだ。こうして見てくると、今回の新人選手のオトナ扱いは、清宮、吉田らを奮起させるための球団の作戦かもしれない。

(スポーツライター・飯山満)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
2
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
3
割れ目のドアップが?綾瀬はるか、「天国と地獄」で見せた“よつんばい”ポーズの衝撃!
4
茂木健一郎、鼻マスク受験生“頑な擁護”で想起される「松本人志とのイザコザ」
5
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント