スポーツ

清宮&吉田輝、「後輩新人選手」の“外出自由”は二軍スタートより屈辱だった!?

 清宮、吉田輝星は「ウラヤマシイ!」と思っているのでは?北海道日本ハムファイターズが春季キャンプの一、二軍の振り分けを発表した。「ひょっとしたら?」の期待もあったが、即戦力の呼び声も高いドラフト1位ルーキーの河野竜生も二軍スタートとなった。日本ハムは基本的に「新人は慣れるまで二軍」というスタンスだ。

「5位に沈んだチームを立て直すため、昨秋のドラフト会議では、社会人、大学生中心の指名となりました。河野はケガさえなければ、開幕ローテーション入りさせると思われます」(スポーツ紙記者)

 事情は異なるが、清宮、吉田の“元ドラフト1位”も二軍スタートとなった。開幕一軍が約束されているような扱いは、うらやましいはず。しかし、清宮、吉田が河野に嫉妬を抱くであろう理由はほかにあった。河野を始め、今年の新人7選手は“オトナ扱いのフリー”となったのだ。

「育成を含め、新人10人中9人が社会人、大学生です。大谷翔平が入団した2013年以降、日本ハムは外出する際にいろいろと申告をしなければならない規則になっていました。どこに行くのか、誰と一緒で、誰と会うのかなど…」(球界関係者)

 それが、今年の新人については、ほとんど20歳を過ぎたオトナばかりだから、その必要はないと判断したのだという。3位の上野響平は高卒ルーキーだが、「一人だけ」はかわいそうなので同じくオトナ扱いすることになったそうだ。

「もともと、『外出の申告制』は、大谷が入団してきた時に設けたルールなんです。その後、清宮、吉田とビッグネームの新人が続いたので『申告制』もなくなりませんでした」(前出・球界関係者)

 3年目を迎える清宮だが、故障・手術明けとはいえ、二軍スタートを屈辱に感じている。特に吉田に関しては、「体がひと回り大きくなった。オフの間、かなり走り込んでいるはず」(前出・スポーツ紙記者)とのこと。年上だが、後輩となる彼らのオトナ扱いを発奮材料にすれば、2年目の躍進も期待できそうだが…。

「吉田は昨年6月にプロ初勝利を挙げました。でも、二軍で1勝も挙げていないのに一軍昇格となり、初登板初先発で勝ち投手になったので、周囲からの嫉妬はありましたね」(前出・関係者)

 この時点から、吉田は「見返してやる」の気持ちを持ったそうだ。こうして見てくると、今回の新人選手のオトナ扱いは、清宮、吉田らを奮起させるための球団の作戦かもしれない。

(スポーツライター・飯山満)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
2
「矢野はなんちゅうことをしてくれたんや」阪神OBが嘆く佐藤輝明の「致命的な初期育成ミス」
3
楽天・西武・中日…3弱チームの共通点は「PL学園出身監督」高すぎるプライドに江本孟紀ダメ出し
4
「長嶋監督、怒ってなかった?」高橋由伸が耳を疑った巨人・阿部慎之助監督の「のん気発言」
5
北京五輪「世紀のエラー」G.G.佐藤に野村克也が贈った死の10日前の金言「お前の勝ちだ」