芸能

テレビ史上初!?西野未姫、路上で「下の毛かきむしり」披露に絶賛の声

 2月9日、バラエティ番組「極楽とんぼのタイムリミット」(Abema TV)が放送された。同番組にて、女性芸能人たちによる“ガールハント待ち”の「選手権」が行われたという。

「番組では、SKE48・大場美奈、元AKB48・西野未姫、艶系女優・友田彩也香、タレント・入澤優が、都内の路上に繰り出し、ハントされる人数を競い合いました。前半、大場は現役アイドルながら、あまり声をかけられず、記録が伸び悩み最下位に。しかし途中でコートを脱ぎ捨て、自慢のバストにカバンのヒモをスラッシュさせるスタイルにした途端、大量の男たちから声をかけられ、一気に上位に登り詰めました。一方で西野は、ファンに顔バレして足を止められたため、数を伸ばせず最下位となりました」(テレビ誌記者)

 そんな最下位となった西野に課せられた罰ゲームは「路上で下の毛を20秒間、掻きむしる」というもの。最初は「本当、やりたくない! どうしよう!」と反抗していた彼女だが、MCの加藤浩次から「この長い歴史のテレビの中で初ですよ! 伝説残るぞ、おめでとう!」と説得され、覚悟を決めたという。

「西野は意を決して路上に飛び出し、顔を歪めながら、すごい勢いで股の間を掻きむしり始めました。周囲が騒然とする中、約20秒間全力でやりきり、ダッシュでロケバスへ避難することに。西野は罰ゲーム後、『本当にヤダ! 泣きそう! 私、今後、芸能界生きていけます?』と不安を口にしましたが、他の出演者からは『最高!』『(今後)デリケートゾーンを掻きむしるCMが来る』と絶賛の嵐。バラエティタレントとして大きな爪痕を残したようです」(前出・テレビ誌記者)

 同じ事務所の鈴木奈々と比べられることの多い西野。しかし今回、下の毛を全力で掻きむしったことで、鈴木以上のインパクトを残せたようだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
2
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
3
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
4
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え
5
完熟フレッシュ・池田レイラが日大芸術学部を1年で退学したのは…