芸能

指原莉乃がアイドルプロデューサーとして見せた「覚悟」とは?

 指原莉乃がプロデューサーを務めるアイドルグループ「≠ME」(ノットイコールミー)がスキャンダルに見舞われた?人気メンバーの谷崎早耶が男性と二人で映っている動画がネット上に拡散、2月24日にアイドル関連のまとめサイトに情報が掲載され、一気に広まることとなったというのだ。

「一緒に映っていたのは、別のアイドルグループでプロデューサーを務めていた23歳の男性。読者モデルを束ねたイベントの仕掛け人として知られたイケメンで、プロデューサー当時には彼目当ての女性客がいたほどの人気者でした。ただ今回の動画については二人とも交際を否定しており、業界内でも男性が調子に乗って撮影した動画が拡散されたものとの認識が支配的。≠MEのアンチが、グループの一周年に合わせてぶつけてきた嫌がらせという可能性も高そうです」(アイドル誌ライター)

 とはいえ、ファンの間には動揺が広がっているのもまた事実。この手のトラブルではプロデューサーの手腕が問われるところだが、ここで指原が見せた動きに彼女の覚悟が示されているというのである。

 指原は動画発覚の翌日となる2月25日にツイッターでプロデューサーとしての見解を公表。ファンを不快にさせたことを詫びたうえで、谷崎本人にグループ加入前のことで交際もしていないと確認をとったと説明。〈ひたむきに頑張る彼女を応援したい〉と不問に付すことを明らかにした。これだけでも異例の対応と言えるが、このツイートではさらなる“指原流”が明確にされたという。

「指原は『今後も何かあった時にメンバーからコメントを出す事はありません』と明言。グループで不祥事が発生した場合には、プロデューサーの指原自身が矢面に立つと宣言したのも同然です。この言葉が≠ME、そして先輩グループ『=LOVE』のメンバーたちにとってなによりも力強く響いたに違いなく、《指原さんについて行こう》と心に決めたはず。そんな指原の“覚悟”には業界内からも感心する声が多数あがっています」(前出・アイドル誌ライター)

 恋愛発覚などの“不祥事”があったら即刻クビというのが、アイドル業界での常識だったが、指原は「私のプロデュースするアイドルは恋愛禁止ではありません」とまで言い切り、あくまで自分の流儀を貫く姿勢だ。そんな指原を信頼するファンはますます増えていくのではないだろうか。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ヤクルト・高津臣吾監督が頭を悩ます山田哲人「年俸5億円の大スランプ」と「三塁コンバート」
2
ロッテ・佐々木朗希「日本ハムに3対1の電撃トレード」謎の投稿が激論に!【2024年5月BEST】
3
【不可解】メッツ・藤浪晋太郎バッチリ投げているのに「60日間の負傷者リスト入り」の手切れ金放出
4
アメリカで今も大真面目に議論される「知的生物ヒト型爬虫類」が人間をマインドコントロール説
5
JR「青春18きっぷ」に異常事態!夏の発売が危うい「リミット」は6月20日