芸能

長澤まさみ「つっこんであげる」肉声も出た「第3モテキ」(2)「おごったところを見たことがない」

 00年に「第5回東宝シンデレラオーディション」でグランプリを受賞して芸能界入り後、04年に映画「世界の中心で、愛をさけぶ」(東宝)でヒロインを演じてブレイク。それから再び脚光を浴びたのは、11年に公開された映画「モテキ」(東宝)だった。

「長澤の濡れ場に期待が高まる中、Tシャツの上からとはいえ、巨乳を揉まれたり、キスはもちろん水を口移しするシーンは衝撃でした」(映画ライター)

 演技も美ボディもますます評価を高め、30代になってからというもの「第3モテキ」に突入した。

「5月に1人芝居『ガールズ&ボーイズ』に挑戦するので、稽古で忙しくなるでしょう。また夏ドラマで『ドラゴン桜』(TBS系)の続編への出演が噂されていたり、年内に『キングダム』の新作の撮影が始まると見られています」(芸能記者)

 初夏には主演映画「MOTHER マザー」(スターサンズ/KADOKAWA)の公開を控え、映画関係者の間では「衝撃作になる」と早くも呼び声が高い。

「実際に起きた『少年による祖父母殺害事件』をモチーフにした物語で、長澤は行きずりの男たちと肉体関係を持つなど、自堕落で奔放な母親を演じます。予告動画でもベッドシーンがあり、過去最大級の濡れ場が拝めるかもしれません」(映画ライター)

 三十路エロスまで解禁となれば、ますますオファーが殺到し、囲い込むのは難しくなりそうだ。

「どの作品に出演するのかは、長澤が台本を読んで決めています。続編のオファーも次々と舞い込み、1、2年先までスケジュールは埋まっているとか」(芸能プロ関係者)

 30代になっても売れっ子街道まっしぐらだが、長澤と仕事をしたことがある制作スタッフは「おごったところを見たことがない」と長澤を評してこう続ける。

「撮影中は自分から積極的に演技プランを提案して引っ張ってくれるし、合間にはフッと自然体に戻って笑顔で現場を癒やしてくれます。同世代には人気女優が多いですが、ライバル心は全然ないそうです。姉御肌で面倒見がいいので、若手女優の広瀬すず(21)や橋本環奈(21)らに慕われ、次々と『長澤信者』を増やしています」

 もはや国内に敵ナシ状態の長澤だが、すでに照準を世界に向けているのかもしれない。

「先日のブルーリボン賞の時はセクシー衣装を封印していましたが、15年末の日刊スポーツ映画大賞の授賞式では、バストが飛び出さんばかりのピチピチのシースルードレスで登場。アメリカでは授賞式でハリウッド女優の衣装が話題になるので、長澤さんも見られることを意識してセクシー衣装を着たそうです」(スタッフ)

 ハリウッドで「第4モテキ」を迎える日も近いか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
瀬戸大也、復帰でも美人妻・馬淵優佳の“アピール”が呼んだ「再批判」のワケ
2
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
3
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
4
バス旅・浅田舞、「惜しかったお風呂シーン」も“評価爆上がり”の理由とは?
5
報じた新聞に激怒?デヴィ夫人、パーティ主催釈明も続々の“批判ポイント”