芸能

高嶋ちさ子 華麗なる「オトコとカネ」遍歴(1)CM決定でベンツを即購入

 音楽家活動のかたわら、歯に衣着せぬ物言いでバラエティー番組を席巻する高嶋ちさ子。良家に生まれ名門の米大学院を出た、誰もがうらやむ経歴の持ち主である。だがカネとオトコに関しては、イジメられたい男性なら泣いて喜ぶような「ドSな遍歴」があった。

 〈失業中なのに、食欲と購買意欲だけはある私。今月見越して、先月買ったもの全部返したい。破産するかもだよ〉

 高嶋ちさ子(51)がツイッターで先頃、金欠を訴えた。コロナウイルスの蔓延で予定されていたコンサートは軒並み中止。おかげで、バイオリニストとして「失業中」ということらしいが、「破産」はちょっとオーバーではないのか。

 目下、その猛女ぶりが世間でウケて、「副業」のほうが絶好調なのである。民放局関係者が指摘する。

「今や『ザワつく!金曜日』(テレビ朝日系)、『有田哲平と高嶋ちさ子の人生イロイロ超会議』(TBS系)と、テレビのレギュラーを2本抱える売れっ子です。常々、『コンサートを満席にするためにタレントをしている』と言うだけあって、コンサートは年間100本ほど行っています。確かに、中止や延期となるのは痛いでしょう。しかし、本職のギャラが年間約5000万円とみられており、今のペースでバラエティー番組に出演していけば、タレント業だけでバイオリニストとしての収入に追いつきます」

 しかも、この2月から「たかの友梨ビューティ─クリニック」のCMも射止めた。

「契約金は1500~2000万円ぐらい」(民放局関係者)だそうで、発表イベントで高嶋は終始、上機嫌だった。

「(これまでCMに出演していたモデルの)ミランダ・カーの次と人に言いたくて今まで我慢してきた」

「かかとのクリームを顔に塗っていたほど美容に興味がなかったけど、美に目覚めた。たかの友梨ビューティークリニックのエステを受けて2キロ痩せた」

 すっかり毒舌は鳴りを潜め、リップサービスを全開にするほど。

「それだけでなく、1736年製のストラディバリウスで生演奏を披露。その音色もみごとでしたが、ワンショルダーの赤いロングドレスでコンモリとしたバストを強調させて、美熟女と称されるにふさわしいボディラインまで見せてくれました」(スポーツ紙記者)

 CM契約料という大金を手に入れた喜びを、全身で表現していたというのだ。

 13歳の長男を米国へ留学させるなど教育資金がかかるとはいえ、あまりある稼ぎっぷり。金に困っていることなどないはずなのだが‥‥。

「高嶋は『あったらあっただけ使っちゃう』と番組で公言しています。それは若い時から変わっていなくて、28歳で初めてCM出演が決まった時、その契約料を見せられて、『そんなにもらえるの!』と喜びいさんで、そのまま高級車ベンツを買いに行ったそうですから。宵越しの金は持たない主義は一貫しています」(スポーツ紙記者)

 現に、3月5日に更新されたインスタグラムで〈マスクしてデパート行って爆買いして経済回して良いですか?〉と記している。新型肺炎による自粛ムードにあっても、きっぷのよさに変化はないようだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
松本人志の居ぬ間に中山秀征…芸人たちが「実はスゴイ人」異常な絶賛の「あぁ不思議」
2
【雨予報のGI宝塚記念】ドウデュースは大敗!重馬場で急浮上する「この3頭」のウハウハ適性
3
「青春18きっぷ」夏季用がようやく発売でも消えない「冬季販売中止」の不穏な背景
4
元楽天・安楽智大が来季「日本球界に逆輸入される」メキシカンリーグでの「標高2200メートル投球」
5
「山口組のキッシンジャー」が体現した哲学! ヤクザの「平和共存」は方便などではなかった