芸能

審査員・勝俣州和のコメントに視聴者ズッコケ!?R-1ぐらんぷりに飛んだ“罵声”

 M-1は大好評だったが、こちらのイベントには容赦ないコメントが殺到!?

 3月8日に放送された“ひとり芸日本一”を決めるお笑いコンテスト「R-1ぐらんぷり2020」(フジテレビ系)の決勝戦で、お笑いコンビ・マヂカルラブリーの野田クリスタルがみごと18代目のチャンピオンに輝いた。

 野田は「M-1グランプリ」「キングオブコント」でも決勝に進出していたこともあり、お笑い3大会でファイナリストに入るという初の偉業を達成している実力だが、昨年の同大会では2回戦落ちという結果だっただけに、優勝が決まると、喜びを爆発させた。

 そんな野田が2532人の頂点に立った同大会については審査員の勝俣州和は「レベルが高い」と今大会を絶賛していた。

 しかし、視聴者からは「え、予選かと思うぐらいクスリともしなかったよ」「勝俣は何言ってんだ、むしろ近年稀に見るつまらなさだったけど…」「まず、審査員をちゃんとしたのをそろえるべき。勝俣は芸人でもないし、ただのタレントだろ」「審査員はスケジュールが空いてた人に手当たり次第にオファーをかけたのかな」「審査員と視聴者の感覚にギャップがありすぎだろ」など、大会のレベルにガッカリしたというコメントが目立っていた。

「新型コロナウイルス感染拡大予防のため、無観客での開催となったを差し引いても、あまり笑えなかったという意見が多かったです。昨年末に放送された『M-1グランプリ』(テレビ朝日系)はハイレベルな戦いが繰り広げらていたこともあって、どうしても比べられてしまったようですね。また、出場した芸人だけではなく、勝俣や桂三枝、久本雅美などといった審査員のメンツにも視聴者は不満があるようです。というのも、視聴者の間では、Cブロックに登場したヒューマン中村、ワタリ119の評価が高かったものの、審査員からまったく票が入らず、決勝ステージに進出することができなかったため、違和感を覚える人が多かったようです。正直、M-1やキングオブコントと比べると審査員についても、勝俣を筆頭に、人選ももうひとつピンときませんでした」(エンタメ誌ライター)

 M-1とおもしろさを比較されてしまうのは芸人たちが気の毒なところだが、番組側もコンテストを盛り上げるためにもうひと工夫べきだったか?

(権田力也)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広瀬すずに橋本環奈に及ばぬ「弱点」が?若手女優のバチバチ相関図を一挙公開!
2
“幻の”ローカル路線バス乗り継ぎの旅を再放送!太川陽介が音を上げた理由は!?
3
NHK・近江友里恵アナ「15歳差婚」発覚で“あの若手アナ”に男性人気集中!?
4
中島健人&平野紫耀、「Premium Music」の“ワイプ芸”に上がった「酷評」
5
福田明日香の“手本”となった「あのアイドルグループ」のマッパ事件史!