芸能

審査員・勝俣州和のコメントに視聴者ズッコケ!?R-1ぐらんぷりに飛んだ“罵声”

 M-1は大好評だったが、こちらのイベントには容赦ないコメントが殺到!?

 3月8日に放送された“ひとり芸日本一”を決めるお笑いコンテスト「R-1ぐらんぷり2020」(フジテレビ系)の決勝戦で、お笑いコンビ・マヂカルラブリーの野田クリスタルがみごと18代目のチャンピオンに輝いた。

 野田は「M-1グランプリ」「キングオブコント」でも決勝に進出していたこともあり、お笑い3大会でファイナリストに入るという初の偉業を達成している実力だが、昨年の同大会では2回戦落ちという結果だっただけに、優勝が決まると、喜びを爆発させた。

 そんな野田が2532人の頂点に立った同大会については審査員の勝俣州和は「レベルが高い」と今大会を絶賛していた。

 しかし、視聴者からは「え、予選かと思うぐらいクスリともしなかったよ」「勝俣は何言ってんだ、むしろ近年稀に見るつまらなさだったけど…」「まず、審査員をちゃんとしたのをそろえるべき。勝俣は芸人でもないし、ただのタレントだろ」「審査員はスケジュールが空いてた人に手当たり次第にオファーをかけたのかな」「審査員と視聴者の感覚にギャップがありすぎだろ」など、大会のレベルにガッカリしたというコメントが目立っていた。

「新型コロナウイルス感染拡大予防のため、無観客での開催となったを差し引いても、あまり笑えなかったという意見が多かったです。昨年末に放送された『M-1グランプリ』(テレビ朝日系)はハイレベルな戦いが繰り広げらていたこともあって、どうしても比べられてしまったようですね。また、出場した芸人だけではなく、勝俣や桂三枝、久本雅美などといった審査員のメンツにも視聴者は不満があるようです。というのも、視聴者の間では、Cブロックに登場したヒューマン中村、ワタリ119の評価が高かったものの、審査員からまったく票が入らず、決勝ステージに進出することができなかったため、違和感を覚える人が多かったようです。正直、M-1やキングオブコントと比べると審査員についても、勝俣を筆頭に、人選ももうひとつピンときませんでした」(エンタメ誌ライター)

 M-1とおもしろさを比較されてしまうのは芸人たちが気の毒なところだが、番組側もコンテストを盛り上げるためにもうひと工夫べきだったか?

(権田力也)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
あわや放送事故!?高橋ひかる、「20分間スカート奥見え」の“騒然”瞬間とは
2
真木よう子、「青のSP」で噴出「演技力とバスト激揺れは反比例」考察とは?
3
有働由美子が「ヤクザ親分交友」激白!?新幹線で話が弾んだ「おじさん」の正体
4
アンジャ渡部が豊洲市場で働いていた!「撮影者は連行」厳戒態勢を関係者が激白
5
木村拓哉は外された?松本潤、「どうする家康」主演抜擢の裏で飛び交う憶測