芸能

「アメトーーク!」で蛍原が暗に示した“焦り”と宮迫への切なすぎる“思い”

 3月5月に放送された「アメトーーク!」(テレビ朝日系)での雨上がり決死隊・蛍原徹の発言が、話題を呼んでいる。

 この日は、「ドラえもん ひみつ道具ドラフト会議」と題し、サバンナ高橋、千原ジュニア、バカリズム、麒麟・川島、ゴールデンボンバー鬼龍院、NON STYLE井上といった「ドラえもん」好きのゲストにより、それぞれお気に入りの道具を挙げ、ドラフト形式で奪い合う企画を放送。MCの蛍原とケンドーコバヤシによりトークが展開されたのだが、その中で蛍原の何とも切ないコメントが飛び出したのだ。

「受話器に向かって願いを話すとそれが叶う『もしもボックス』に話が及んだ際、ケンコバが『蛍原さんは? もし万が一(もしもボックスの)交渉権を取れたとしたら』と問うと、『えっ? もしもボックス? あ~っ、え~、もしも2019年5月に戻れたら…』などと応え、スタジオには同情のような悲鳴が上がっていましたね。すかさず千原ジュニアが『19年5月じゃまだ遅いですよ、もうちょっと前に戻らないと』と笑いを誘っていましたが、これらがもちろん、翌月に相方の闇営業問題を報じられた宮迫博之を指していることは明らかでした」(テレビウオッチャー)

 さらに蛍原は鬼龍院が「人生やり直し機」を挙げた際にも、ケンコバに「人生やり直し機がほしいのは、この人なのよ」と振られ、「言うなもういろいろ! (頭が)パンパンやねん!」と叫び、明らかに動揺する表情を見せていた。

「宮迫は相も変わらず吉本興業との折り合いがつかないまま、YouTubeでの活動が軌道に乗り始めている状況。ただ、こうしたシーンを編集でカットせずに放送するということは、テレビ復帰を待ち望むスタッフたちがいるということ。吉本では、ロンブー田村亮に続いて多額の申告漏れにより活動を自粛していた徳井義実が早々に復帰を果たしており、そうした中で、いつまでも中途半端な状態から向け出せない蛍原の焦りが、垣間見える場面ではありました」(夕刊紙記者)

 何かのきっかけがやって来る日はあるのだろうか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
王監督を激怒させたホークス“大乱闘”の内幕
2
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
3
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント
4
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
5
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由