芸能

大林宣彦監督、「逝去」で偲ばれる尾美としのりとの「23年絶縁」の真相

 放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」(NHK)で土岐頼芸を演じている尾美としのり。幼稚園の頃に子役として芸能界デビュー。4月10日に肺がんのために亡くなった大林宣彦監督の「尾道三部作」と呼ばれる1982年公開「転校生」、83年公開「時をかける少女」、85年公開「さびしんぼう」の3作品だけでなく、83年公開「廃市」、86年公開「野ゆき山ゆき海べゆき」、87年公開「漂流教室」など、多くの大林監督作品に出演している。

 ところが29歳の時に大林監督が雑誌インタビューで「尾美君はぼくの映画からは卒業だね」と話しているのを目にしてショックを受け、その後、本当に大林監督からのオファーはゼロに。「卒業宣告」の理由を考えるうちに、かつて楽屋で自身が、「たまには大林監督以外のほかの仕事もしてみたい」と、こぼしていたことにたどり着き、もしやこの時の自分の言葉が大林監督の耳に届いたのではないかと考えるようになったという。

「尾美は21年後の2016年8月、大林監督が肺がんで余命3カ月と宣告されたことをニュースで知り、再びショックを受けたと聞いています。何といっても尾美の現在の俳優としてのポジションを確立したのは、『転校生』の主役抜擢にほかなりませんからね。大林監督は18年に奇跡的な回復力を見せ、尾美に新作かつ遺作となった映画『海辺の映画館─キネマの玉手箱』のオファーをしたそうです。尾美は33年ぶりに訪れた広島・尾道で大林監督と再会。この作品の撮影中には『卒業宣告』の理由は聞けなかったそうですが、昨年4月19日放送の『爆報! THE フライデー』(TBS系)での大林監督VTR出演によると、やはり尾美が楽屋でこぼしていたことが原因だったとのこと。大林監督は尾美との関係を『親父と息子みたいなもの』と表し、『ぼくの映画に付き合わせ、ほかの可能性を奪っていた』などと語っていました」(映画誌ライター)

「尾道にもう1回、里帰り」してほしいと尾美に新作作品へのオファーをしたという大林監督。そんな大林監督の訃報に事務所を通じて「残念です」とだけコメントした尾美。やはり大林監督が言っていたように、親父と息子のような関係性だったのかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    提供:一般社団法人ブックスサイエンス「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
土屋太鳳、久々公開バストショットの「圧倒的ボリューム感」に驚愕の声続々!
2
バストは大きいのに…土屋太鳳が明かした一般より小さな「体のパーツ」
3
夏菜、こんもりGバストが“みごとに盛り上がった”「両手を頭乗せ」苦悩姿!
4
TBS良原安美、“確信犯的”Fバスト「天気予報」が艶っぽすぎる!?
5
週刊アサヒ芸能「創刊60年の騒然男女」芸能スキャンダルの真相!(5)克美しげるに殺害された愛人の父が義憤告白