芸能

田中みな実×弘中綾香「あざとい」女子アナ最終決戦(3)男目線でドキッとさせる「あざとさ」

 アサ芸でも、何度も指摘しているが、プライベートの動向でも期待を裏切らないのが「最あざと女子アナ」たるゆえんである。

「業界人の集まるパーティーでは、お偉方にボディタッチを繰り返し、上目遣いで話しかける田中の姿がよく目撃されていましたし、弘中アナも、酒席で同僚社員に『お前、童貞だろ?』『私を抱きたいって正直に言えよ!』と詰め寄っている姿を写真週刊誌にスッパ抜かれています」(スポーツ紙芸能デスク)

 最近では、そのセクシーボディを維持するための、露出が多いトレーニングウェアを身にまとった「エロフィットネス」すら、電波に乗せて発信しているのだから、もう手に負えない。

「田中は以前から積極的にジム通いの様子を発信し、その美しいボディラインや、額に汗してストイックにトレーニングする姿には男女を問わず引き付けられてきました。これまでセクシー演出とは縁遠かった弘中アナもそんな田中に触発され、ユーチューブ番組の『弘中美活部』で、薄手でタイトなTシャツでボディラインを強調したりしています」(丸山氏)

 まさに真骨頂、といった趣の美女アナの最終対決。軍配はどちらに上がるのか。芸能ライターの尾谷幸憲氏は、

「男目線でドキッとさせる、女性らしさに主眼が置かれた田中さんのあざとさと、意識的にか無意識的にか、自然体を演出している弘中さんのあざとさ。どちらも甲乙つけがたいものがありますね」

 と迷い気味。丸山氏も、

「ふたりともアラサーで、恋愛に対して肉食系であることは周知されています。どちらが先に『あざとい熱愛』を見せてくれるのか、そこに注目しています」

 と総括する。

 どうやら勝敗の行方は今後に持ち越し。遠くない未来、誰かのモノになるまでに、思う存分「エロあざとい」活躍を堪能することにしよう。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
アンゴラ村長、“バスト進化”金髪&ダイエット変身が大反響!
2
マッパ演技も昨年解禁!「ファイトソング」で注目された“巨大バスト女優の正体”
3
綾瀬はるか、「Fバスト」が隠しきれない!四十路前でも“張り”最高潮の最新映像
4
“Fバスト”がこぼれ出てる!?谷まりあ、「片パイ強調」事態に視聴者クギ付け
5
「大人の女性」も強調!?松井珠理奈、バス旅での“匂わせ”に視聴者大盛り上がり