芸能

“米倉涼子の穴を埋める”真矢ミキ「Eカップ女優」の覚醒(3)誰にでも気さくに接する

 再び表舞台で輝きを放ち始めてからも、かつてのように努力を怠ることはなかったようだ。

「3年ほど前、53歳にして高等学校卒業程度認定試験(かつての大検)に挑戦し、国語、英語、現代社会、日本史、世界史の5科目全て好成績で合格を果たしました。当時は『ビビット』で月曜から金曜まで朝早くから局入りして、生放送後も昼過ぎまで打ち合わせ。その後もドラマの撮影に参加するなど多忙を極めていた。それでも合間に必死で勉強していました。その姿を多くのスタッフが間近で見ていたので、合格に感動して泣いている者も少なくありませんでした」(TBS関係者)

 才能にも恵まれ、しかも桁外れの努力家となれば、取っつきにくそうなイメージも出てくるが、そうではないという。

「ベテラン女優にもかかわらず気取ったところがなく、現場では共演者やスタッフにもかなり気さくに接してくれます。宝塚時代から知っている記者とは長年にわたって深いつきあいを続けているようで、年齢が近い女性記者相手では、おばちゃん同士の雑談ですよ」(演劇ライター)

 ところで、これまでドラマや映画で激しい濡れ場を演じたことはない真矢だが、熟女の艶気はムンムン。なんせ8歳年下の夫はイケメンバレエダンサーで、夫婦生活を妄想すれば、若々しく保ったフェロモンの暴走をつい邪推してしまう。

「宝塚時代から男役のトップスターを務めていたこともあってか、とにかく立ち姿がきれいで、いまだにスタイルも抜群です。以前に『ビビット』のお天気コーナーにて、二の腕で胸を寄せ前かがみになって手洗いのジェスチャーをした時もその巨乳ぶりが話題になりました。Eカップはあるのではないでしょうか。美脚もヒップラインもみごとで、テレビ画面越しにはクールでサバサバしたイメージが強いですが、実際に会うと色っぽさには『現役感』を感じます」(TBS関係者)

 女優としてますます露出が増えるというのだから、熟女フェロモンの出し惜しみはしてほしくないものだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐々木希、「バストの張り」良好ぶりを裏打ちした?渡部建の“豊洲バイト”
2
日テレ河出奈都美、“ポスト水卜麻美”が見え始めた「爆裂バスト」アピール加速
3
「バスト強調」艶系人気動画、突如登場「2代目」に視聴者が戸惑う“形状の違い”
4
バストが揉みしだかれて!?井上和香、「目を閉じ口を半開き顔」写真に熱視線
5
木村沙織“9等身ボディ”披露で気になった現役時代のはちきれバストの行方