政治

歴代総理の胆力「宇野宗佑」(1)“逆風3点セット”とスキャンダルで惨敗

「降って湧いた」という表現があるが、この宇野宗佑ほど降って湧いた形で総理大臣の座を射止めた人物はいない。

 昭和64(1989)年は1月7日に昭和天皇の崩御があり、その年はたった1週間で元号を「平成」と改めた。時の総理の竹下登がリクルート事件に連座、その責任を取る形で、与野党暗黙の了解のもと、平成元年度予算案の成立との“引き替え”で、竹下は4月25日、退陣を表明したのだった。

 問題は、後継だった。しかし、「ポスト竹下」の有力候補とみられていた安倍晋太郎(現総理・安倍晋三の父)、宮沢喜一は、竹下同様、リクルート株の譲渡を受けていることが明らかになっていたことで、早々に“脱落”したものだった。

 お鉢は、ために、竹下政権で自民党総務会長を務めていたベテランの実力者だった伊東正義に回った。しかし、“会津っぽ”として気骨のあった伊東は自民党のいつまでも縁の切れぬ「政治とカネ」に失望、「本の表紙を変えても中身が変わらなければ意味がない」と固辞した。言うなら、人がいなくなった中で、竹下は“緊急避難”としての宇野政権を誕生させたということだったのである。

 時に、宇野は中曽根派幹部ながら「ミッチー」こと渡辺美智雄(元副総理)と派内ライバル関係を演じていた。しかし、竹下は「傀儡政権」を狙っていたことから、渡辺より“物分かり”のいい宇野に白羽の矢を立てたということだった。

 また、一方で竹下は自ら退陣後の夏に、フランスでのサミット(主要先進国首脳会議)を控えており、それまで「口八丁手八丁」で与えられたポストを手堅くこなしてきた宇野なら、ある意味でハマリ役との思いが強かったようであった。

 時に、当選10回、外務大臣をはじめ通産大臣、防衛庁長官、科学技術庁長官、行政管理庁長官を歴任、党でも幹事長代理として巧みな弁舌で対応してきた実績があった。

 ところが、総理就任直後、毎日新聞に東京の花街・神楽坂の元芸者との関係をスッパ抜かれ、政権は一気に窮地に陥った。一方で、これが尾を引く中、フランスからのサミット帰国後、宇野を待っていたのは、何とも間の悪い参院選だったのである。

 参院選は案の定、自民党の惨敗となった。自民党には、折からリクルート事件、消費税制定、農産物自由化問題の“逆風3点セット”があり、そのうえでの宇野の女性スキャンダルが重なっては、初めから勝ち目はなかった。

 選挙後、宇野は選挙敗北の責任を取らされる形で、超短命での退陣を余儀なくされた。総理在任わずか69日、戦後3番目の短命内閣であった。降って湧いた総理の座、その自覚が乏しかったとはいえ、それにしてもあまりの脇の甘さを露呈したと言えたのだった。

 首相退陣から約半年後、宇野は厳しい情勢下、今度は自らの衆院選に立ち向かわなければならなかった。それまでの〈滋賀全県区〉(中選挙区制)では常に楽勝、選挙期間中タスキをかけず、有権者との握手もしないという“殿様選挙”だったが、この選挙はさすがに顔色が変わったものであった。

「過去の栄光は真綿にくるんでポケットに入れ、一兵卒として頑張る」とし、タスキがけはもとより、演説が終わると演壇や街宣車から必ず降り、握手に次ぐ握手といった具合、戦術を変えたのである。

「元来がプライドの高い人物だったが、背に腹は代えられぬの悲壮感さえ漂っていた選挙戦だった。元々、選挙地盤は固く、この“全力投球”が功を奏した感があって当選を果たすことができた」(当時の政治部デスク)

■宇野宗佑の略歴

大正11(1922)年8月27日、滋賀県生まれ。学徒出陣、神戸商大を中退。昭和35(1960)年11月、衆議院議員初当選。平成元(1989)年6月、竹下退陣を受けて自民党総裁、内閣組織。総理就任時66歳。平成10(1998)年5月19日、75歳で死去。

総理大臣歴:第75代 1989年6月3日~1989年8月10日

小林吉弥(こばやし・きちや)政治評論家。昭和16年(1941)8月26日、東京都生まれ。永田町取材歴50年を通じて抜群の確度を誇る政局分析や選挙分析には定評がある。田中角栄人物研究の第一人者で、著書多数。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
我慢の限界?ホラン千秋、「バイキング」坂上忍に言い放ったハラスメント悲鳴
2
隙間から見えてる!?島崎遥香、カメラに映っちゃった「美バスト」にファン熱視線
3
大沢たかお、広瀬香美との“格差婚”で安らげなかった主夫生活
4
佐々木希じゃ1分もたない?渡部建が不貞報道で最も失笑を買った“即昇天”
5
「反則すぎだよ」の声も!「特捜9」、伊東四朗のセリフにファン感涙のワケ