政治

“キャラ変”に早くも限界?豊田真由子に求められる“ドS”本性の解放!

 元衆院議員の豊田真由子氏が4月16日、「バイキング」(フジテレビ系)に出演。その発言にもどかしさを覚えた視聴者が多くいたようだ。

 豊田氏は番組で、緊急事態宣言の発令後“お触り店”で遊興し、立憲民主党から除籍処分を受けた高井崇志衆院議員について「国民みんなが我慢し命を守ろうって時に、先頭に立つ人がどうかってことで非常に不信感を招きます」とバッサリと切り捨てた。

「その後、豊田氏が『政治家の方はそういうところにお行きになることが非常に多いんですが』と続けたのですが、MCの坂上忍が『政治家の人は、そういうとこよく行くの?』とすかさずツッコむしどろもどろになり『私はよくわからないんですけど…、男性ってそういうところに行かれてて…。すいません、私はその方面が疎くて。今度教えていただければ』と、最後は言葉を詰まらせてしまいました。そんな豊田氏の歯切れの悪い態度に、視聴者からは不満の声が続々と上がっているんです」(芸能記者)

 ネット上では〈別に普段ならお触り店行こうがどうでもよくね? この人、公の場ではキャラ変えてるんだろうな〉〈違うだろー!となぜ言わないんだろ。今さら何も知りませんとか、何のために番組に出演してるのやら〉〈なんか意識してキャラ変してるよね。毒舌でいけばいいのになんだかなぁ〉〈ま、高井もこの人だけには批判されたくないだろうなw〉など、豊田氏を責める声が殺到している。

「最近の豊田氏は、議員時代の暴力的なイメージから脱却するためか、髪型や化粧を変え、物腰柔らかいキャラクターを全面に出していますね。こうした“イメチェン”は、当初こそ好印象で迎え入れられましたが、最近ではあまりのわざとらしさに、視聴者もドン引きしているようです。本人は本格的にコメンテーター業に乗り出したい意向のようですが、今のままでは早晩、飽きられてしまいそうです」(週刊誌記者)

 視聴者はどうやら豊田氏に“ドS”キャラを求めているようだ。

(ケン高田)

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
倖田來未、15年ぶりの番組ロケで明らかになった“Fカップバスト”の異変
2
日テレ水卜麻美、ブラウスから色白“Eバスト”こぼれ出た「早朝大サービス」!
3
広瀬すず、「ネメシス」大爆死よりファンが危惧する“バスト問題”とは?
4
山本舞香“浪費癖と奢られ嫌い”発言で懸念される伊藤健太郎との“貢ぎ関係”
5
春の低視聴率女優が「肉弾サービス」で巻き返す(1)石原さとみはポッテリ唇に口紅を3回も