芸能

田中みな実&羽鳥慎一「報ステ就任」乗っ取りクーデター(3)「不貞アナがなぜメイン?」

 そもそも04年から放送開始したテレ朝の看板番組「報ステ」は、初代メインキャスターを古舘が務め、16年4月から富川アナがバトンを引き継いでいる。とはいえ、サブキャスターを担当していた元テレ朝の小川彩佳(35)との確執が報じられたこともあり、18年10月には番組リニューアルを断行。テレ朝出身の徳永が13年ぶりに復帰し、富川アナと新コンビを組むことになった。

「徳永を猛プッシュしたのは、テレ朝の早河洋会長兼CEOと言われています。会長の鶴の一声で決まり、しかもサブではなく、メインキャスターの扱いに変更となりました。これに対抗心を燃やしたのが富川アナだったんです」(テレ朝関係者)

 しかし、そのライバル心の強さが新型コロナの感染で、裏目に出てしまったようなのだ。

「本来、俺が俺がの性格の富川アナですから、会長のお気に入りの徳永に負けるのが嫌だった。今回、2度にわたって38度台に熱が上がった時も、休むという発想は出なかったようです」(テレ朝関係者)

 富川アナ復帰後、新体制でコンビは解消。メインキャスターとして「徳永時代」の到来を感じさせるが、その足元はグラついているという。

「もともと原稿読みの技術は高くなく、それでも重宝されているのは、夫の内村光良(55)の存在が大きい。『世界の果てまでイッテQ!』(日テレ系)や『痛快TV スカッとジャパン』(フジテレビ系)など高視聴率番組の司会を務め、3年連続でNHK紅白歌合戦の総合司会にも選ばれています。テレ朝も内村人気にあやかり、レギュラー番組を持ってほしいのが本音です。そのパイプ作りのために、妻をキャスターに出戻りで迎えたというのが実情でしょう」(テレ朝関係者)

 そんな夫の大きな後ろ盾があっても、徳永人気はイマイチだった。

「03年に発覚した、徳永と内村の不倫騒動が足を引っ張っています。報ステの復帰が決まった直後から、テレ朝の視聴者センターには『不倫した人がなぜメインキャスターをするのか』とクレームが寄せられ、現在でもそのイメージを拭い去ることはできていません」(テレ朝関係者)

 視聴者の徳永嫌いは、富川アナが新型コロナに感染した時にも表面化した。芸能評論家の平田昇二氏が解説する。

「共演していた徳永アナも自宅待機していましたが、4月27日に別室からリモート出演で復帰しました。しかし、Tシャツ姿が番組にそぐわないと、ネット上で批判を浴びたのです。そんなに角を立てるほどの服装ではなかったと思いますが、『内村のイメージはよくても、徳永はダメ』ということなのでしょう」

 富川アナに続いて、徳永の不人気ぶりに「ダブル降板」という新たな改編案が急浮上しているのだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
綾瀬はるかも関係!?長澤まさみ、「ドラゴン桜」で“下半身見せ”覚悟の裏事情
2
ゴムは常備!? 重盛さと美、32年間お泊りなしの”連れ込み型女子”宣言のワケとは
3
ボタンが弾け飛びそう!新井恵理那、“Dバスト”躍動バドミントン動画に絶賛の声
4
有吉&夏目、“バレなかった逢瀬現場”を推察した今田耕司の「意外な着眼点」
5
とんねるず、「タモリのビールをよそにドンペリ」押し通した驚愕バブリー現場