芸能

田中みな実&羽鳥慎一「報ステ就任」乗っ取りクーデター(3)「不貞アナがなぜメイン?」

 そもそも04年から放送開始したテレ朝の看板番組「報ステ」は、初代メインキャスターを古舘が務め、16年4月から富川アナがバトンを引き継いでいる。とはいえ、サブキャスターを担当していた元テレ朝の小川彩佳(35)との確執が報じられたこともあり、18年10月には番組リニューアルを断行。テレ朝出身の徳永が13年ぶりに復帰し、富川アナと新コンビを組むことになった。

「徳永を猛プッシュしたのは、テレ朝の早河洋会長兼CEOと言われています。会長の鶴の一声で決まり、しかもサブではなく、メインキャスターの扱いに変更となりました。これに対抗心を燃やしたのが富川アナだったんです」(テレ朝関係者)

 しかし、そのライバル心の強さが新型コロナの感染で、裏目に出てしまったようなのだ。

「本来、俺が俺がの性格の富川アナですから、会長のお気に入りの徳永に負けるのが嫌だった。今回、2度にわたって38度台に熱が上がった時も、休むという発想は出なかったようです」(テレ朝関係者)

 富川アナ復帰後、新体制でコンビは解消。メインキャスターとして「徳永時代」の到来を感じさせるが、その足元はグラついているという。

「もともと原稿読みの技術は高くなく、それでも重宝されているのは、夫の内村光良(55)の存在が大きい。『世界の果てまでイッテQ!』(日テレ系)や『痛快TV スカッとジャパン』(フジテレビ系)など高視聴率番組の司会を務め、3年連続でNHK紅白歌合戦の総合司会にも選ばれています。テレ朝も内村人気にあやかり、レギュラー番組を持ってほしいのが本音です。そのパイプ作りのために、妻をキャスターに出戻りで迎えたというのが実情でしょう」(テレ朝関係者)

 そんな夫の大きな後ろ盾があっても、徳永人気はイマイチだった。

「03年に発覚した、徳永と内村の不倫騒動が足を引っ張っています。報ステの復帰が決まった直後から、テレ朝の視聴者センターには『不倫した人がなぜメインキャスターをするのか』とクレームが寄せられ、現在でもそのイメージを拭い去ることはできていません」(テレ朝関係者)

 視聴者の徳永嫌いは、富川アナが新型コロナに感染した時にも表面化した。芸能評論家の平田昇二氏が解説する。

「共演していた徳永アナも自宅待機していましたが、4月27日に別室からリモート出演で復帰しました。しかし、Tシャツ姿が番組にそぐわないと、ネット上で批判を浴びたのです。そんなに角を立てるほどの服装ではなかったと思いますが、『内村のイメージはよくても、徳永はダメ』ということなのでしょう」

 富川アナに続いて、徳永の不人気ぶりに「ダブル降板」という新たな改編案が急浮上しているのだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
さいたま市民が埼玉高速鉄道の「延伸」を熱望するのは「大宮駅で乗り換え」がダメダメすぎるから
2
緊急帰国の「ツイてない男」メッツ・藤浪晋太郎が千載一遇のチャンスを逃して「命取り」に
3
中国が日本国内に設置「秘密警察拠点」の幹部女性を雇用した自民党参院議員の激ヤバ度
4
古代シュメール人に文明を与えた「幻獣オアンネス」は宇宙服を着た地球外生命体だったという考察
5
「ドジャースVSパドレス」韓国開幕戦で「山本由伸先発」が決まったのは巨額放映権料の特権