芸能

四千頭身、「芽を摘まれてるみたい」指摘もあった“手痛い洗礼”浴びた夜!

 お笑い第7世代のエースとも言われる若手お笑いトリオ「四千頭身」。飛ぶ鳥を落とす勢いの彼らに“諸先輩方”が洗礼を浴びせた…ように見えた夜であった。

 現代の若者を象徴するような“体温低い空気感”で売れているトリオ「四千頭身」。6月13日(土)にはテレビ朝日系の「爆笑問題のシンパイ賞!!」(18時56分~20時54分)でネタを披露したのち、21時からはメンバーの後藤拓実(23)が「IPPONグランプリ」(フジテレビ系)にソロで挑戦した。

 しかし、この人気番組への“ハシゴ出演”が、今後の四千頭身にとってトラウマになりかねないのでは?と業界で囁かれたのだ。

 確かに「格が違う」「まだまだ修行が足りないな」と思った視聴者も多いのではないか。何しろ「シンパイ賞!!」で四千頭身に向けられた笑い声はあまり多くなく、まずここで、彼ら自身が誰よりも実力差を痛感したかもしれない。司会の爆笑問題、霜降り明星のほか、実力派のナイツやとろサーモン、ネタのおもしろさと勢い抜群のミルクボーイらが参戦しており、明らかに戦う相手が悪すぎた感もあった。

 そして、その後の「IPPONグランプリ」でも、後藤の解答は冴えを見せず、バカリズム、千原ジュニア、千鳥の大悟といった歴戦のツワモノとは、結果的に“底力”が違っていたという印象も感じられたという。他局の関係者が言う。

「はっきり言って、四千頭身のネタは、高校の文化祭レベルに見えます。後藤以外の2人はさらに素人感が拭えない印象。それでも若い女性たちにもてはやされていることに、売れっ子芸人たちの中には、首をかしげている人もいると聞いていますよ」

 その人気ゆえ、視聴率のことも考え、若くして人気番組に出演させたという面もあるようだが、特に、「IPPON」では、センターを務める後藤の“実力不足”が際立ってしまったという。別のテレビマンはこんな見方をする。

「ワタナベエンターテインメント所属の四千頭身の後藤は5人ずつ2ブロックに分かれて戦う番組のBブロックで戦いましたが、Bブロックの他のメンバーは千原ジュニア、千鳥の大悟、昨年のM‐1覇者であるミルクボーイの駒場孝、ロバートの秋山竜次と全員が吉本興業所属。Aブロックは吉本所属は麒麟の川島明とアインシュタイン稲田直樹で、他の3人はそれぞれ別の所属事務所でした。後藤一人が吉本の精鋭芸人に囲まれていて、まるで“早めに芽を摘まれている”ようにさえ見えるアウェイ感もあって、少し可哀想でしたね」

 ただ、逆に言えば、それだけお笑い第7世代のエースとして、将来を嘱望され、どこかで脅威に感じられてもいる証拠。揉まれていく中で、トリオ名さながらの今後の“伸び”に期待したい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
あの「号泣県議」野々村竜太郎が「仰天新ビジネス」開始!「30日間5万円コース」の中身
2
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
3
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
4
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
5
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え