芸能

フジ・久慈暁子が「VS海老原優香」の演出に激怒

 お台場から人気女子アナによる「怒りののろし」が上がっている。

 かつて石橋貴明から「ブスパン」とのあだ名をつけられたフジ・久代萌美アナ(30)は、あまりの「ブスいじり」に猛抗議だ。フジテレビ関係者が語る。

「久代アナは6月7日放送の『ワイドナショー』で、過去に『“僕はB専(ブサイク専門)なので久代さんのファンです”と書かれたファンレターをもらったことがある』と本人が明かすほど、視聴者にも『ブスキャラ』が定着しているんですが、同僚による『ブスいじり』に対しては何度か本気で猛抗議しているんです」

 久代アナいわく「冗談とわかっていても不愉快極まりない」とのこと。

「度を越したブスいじりで『半年間、久代アナが口をきいてくれなかった』という男性スタッフもいましたね」(フジ関係者)

 さらに、アサ芸でも不仲ぶりを検証した久慈暁子アナ(25)と海老原優香アナ(26)の確執問題もエスカレートするばかりだと、フジ関係者が続ける。

「4月18日放送の『さんまのFNSアナウンサー全国一斉点検2020』で、久慈アナと海老原アナの不仲説が取り上げられましたが、この扱いに久慈アナがブチ切れている。VTRでは同期アナ同士の険悪な関係を、研修室に仕込んだ隠しカメラ映像で検証する演出でした。ところが放送以降、久慈アナは局内でもしょっちゅう『海老原と仲よくやってる?』と尋ねられ、そのつど『あれは番組の演出ですから』と不機嫌になるんです。入社時に『フジテレビの救世主』と持ち上げられていただけあって、現在の『雑な扱われ方』は、どうにも我慢ならないようです」

 昨今の「テラスハウス」騒動同様、フジテレビの演出法には内輪からも物言いが噴き出しているのだ。

 テレビ朝日系「報道ステーション」に目を移せば、MCを務める徳永有美(44)は「コロナ検証」に怒りをにじませた。報道関係者が打ち明ける。

「『報ステ』では富川悠太アナをはじめ複数スタッフが4月に新型コロナウイルスに感染してしまった。そして富川アナが復帰した6月4日の放送で彼自身が感染に至る経緯を切々と語る『検証コーナー』が設けられたのですが、あたかも富川アナが犯罪を犯したような厳しいトーンに、徳永が業を煮やして『富川さんを吊るし上げているように見えた』と番組スタッフに厳しく苦言を呈しているんです。これまで彼女はテレ朝上層部と蜜月関係にありましたが、今回の『コロナ検証』により亀裂が入りかねない状況なんですよ」

 美女アナの怒りの矛先もさまざまである。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田真凜は「5兄妹の次女」ファミリーでただ一人伏せられる「謎の姉」
2
岡田有希子「ガス自死未遂後の飛び降り死」で判明した「遺書」の中身/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
3
村上佳菜子「こぼれ出るバスト」「ドテ高」が大注目された「脱ポチャ」ボディ
4
「有村架純のバストを揉みしだく」禁断映像の一斉配信に異常興奮と嫉妬の嵐!
5
本田望結が「男性経験人数」をカミングアウト!結婚するのは24歳で…