芸能

ぺこぱ、「サンジャポでの渡部建イジり」が思いのほかうまかった“舞台裏”!

 昨年の「M-1グランプリ2019」で3位に入り、知名度と人気を大いに高めたお笑いコンビの「ぺこぱ」が、そのコメント力でも評価を高めているようだ。

 6月14日放送の「サンデー・ジャポン」(TBS系)にゲスト出演したぺこぱは、今、世間をにぎわせているアンジャッシュ・渡部建の不貞問題についてコメント。その内容が的確なうえに、「自分たちに求められているもの」も理解できていたというのである。

 ツッコミ担当の松陰寺太勇は渡部について「ラジオで1回共演したんですけど、その時はすごいシュウペイのボケも拾ってくれて。まさかこんなニュースが出るとは思わなかったですね」と、過不足のないコメントを披露。これだけでも情報番組のゲストとしては及第点だが、これに続くボケ・シュウペイのコメントが秀逸だったというのだ。

「シュウペイは『(渡部は)イメージいいのに、なんかそんなこと関係ないっていうか、思ってた以下の人だったなと思いましたね』とバッサリ。これにはMCの爆笑問題も大受けで、太田光は『“思ってた以下の人”って新しいな(笑)』と感心していました」(テレビ誌ライター)

 業界の大先輩も感心させたシュウペイだが、ぺこぱが情報番組に出演するようになったのはごく最近のことであり、難しいコメントはまだ苦手なご様子。田中裕二が「相方の不祥事を背負って謝罪するというのはかなりツライと思うが?」と質問した際にシュウペイは、「ボクは相方の人生も背負って一緒にコンビ組んでるわけですから、相方の奥さんとかもいるわけですし、自覚をもっと持ってコンビって、いなきゃいけないのかなって…」などと言葉を連ねるものの、結論にはなかなかたどり着けない様子だった。

 すると田中が、助け舟を出すように、「シュウペイでも(謝罪)できない?」とシュウペイに振った。すると、それに気づいたシュウペイはすかさず「できませーん!」と言いながら、両手を顔の前で交差させる得意の決めポーズを繰り出したのである。

「言葉に詰まったらとにかくシュウペイポーズで誤魔化すというのが、彼の持ち味。しかし今回のサンジャポでは緊張のあまり、その決めポーズも忘れていたようです。一方で、実は、ぺこぱはブレイク前の2017年に爆笑問題の冠番組『バクモン学園』(テレビ朝日系)に二回にわたって呼ばれており、いわば旧知の仲。そのおかげで田中もタイミングよく“助け船”を出せたのかもしれません」(前出・テレビ誌ライター)

 サンジャポの冒頭では太田が「渡部に会ったらね、『時を戻そう』って言った」と、ぺこぱの定番ギャグを使ってみせる場面も。どうやらぺこぱはすっかり爆笑問題に気に入られているようだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
4
ベタ惚れ「錦鯉・渡辺隆+大島由香里」まさかのカップル誕生に涙する「あの女芸人」
5
中日ドラゴンズを低迷させた「タニマチと夜の活動」「儲かるゴルフコンペ」選手をダメにする文化