エンタメ

我が青春の週刊少年ジャンプ(4)「北斗の拳」は連載1回目から人気1位

 目まぐるしいストーリー展開に心震えた瞬間、好きなキャラの死に際に涙した時‥‥。「週刊少年ジャンプ」に夢中になった我々にとっての「黄金時代」は、読者の数だけ存在する。その読者が最も膨れ上がった発行部数653万部を記録した時期の編集長が、その牽引役となった作品の舞台裏を激白した!

 79年、「週刊少年ジャンプ」はターニングポイントを迎えた。のちに第5代編集長となる堀江信彦が集英社に入社し、ジャンプは発行部数300万部を突破した。68年の創刊から11年目にして、他誌を大きく引き離し、少年漫画誌の王者に君臨したのだ。

 しかし、2年後の81年には、ジャンプの勢いにかげりが見え始める。300万部を切る週も発現した。その背景には、いわゆる「ラブコメブーム」がある。「少年サンデー」が「タッチ」(あだち充)や「うる星やつら」(高橋留美子)など、ジャンプとは一線を画する作品を掲げ猛追していた。

 この部数の足踏み状態から脱するために、ジャンプが選択したのはブームに便乗しないことだった。男臭い路線を貫いたのだ。

 そして83年に連載が始まった作品が、ついに「ラブコメブーム」に引導を渡す。入社4年目の若手編集部員だった堀江が担当した「北斗の拳」(作・武論尊/画・原哲夫)だ。

 伝説の暗殺拳「北斗神拳」の使い手、ケンシロウの闘いと生き様を描いた同作は、「お前はもう死んでいる」の名セリフとともに一気にブレイクし、ジャンプの部数を浮上させた。堀江はこう話す。

「もちろん『北斗の拳』だけで部数が伸びたわけではないけどね。ただ、『北斗の拳』の連載開始が、それまで中学生が読者の中心だったジャンプに、気になっていたけど雑誌を買うまでに至っていなかった高校生や大学生が入ってくるきっかけになったと思う。連載が始まって1年で部数は80万部も伸びた。そうこうするうちに、『ラブコメブーム』が終わってしまった」

 武論尊が紡ぎ出す熱い男たちのドラマと原が描く重厚で迫力のある絵が、読者層を拡大させた。そして、84年にジャンプは発行部数400万部に達した。

 その牽引役となったのは「北斗の拳」であることは、連載1回目から読者アンケートが1位だったことに表れている。

「でも、ジャンプで最初から人気のある作品というのは少ない。ほとんどの作品は、連載しながら読者の反応を見て、方向性を変えていくことで人気を獲得していく。『ドラゴンボール』(鳥山明)だって、(キャラクターたちがトーナメントで戦う)天下一武道会が始まってから本格的に人気が出た。最初から人気があったのは『Dr.スランプ』(鳥山明)と『北斗の拳』くらいだった」(堀江)

 確かに、ジャンプには途中から内容が変わっていく作品が多い。しかし、「北斗の拳」はスタート時から一貫して方向性に変化がない。まさに狙いどおりの大ヒット作となった。

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」
2
小川直也が22年後にバラした「猪木の絶対指令」橋本真也を殴る蹴る/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
3
武豊ドウデュース1着固定は危ない!淀の「宝塚記念」に潜む「誰もが触れない」大きな罠
4
息子2人を殺したら実の孫娘に毒殺された戦国武将「粛清王」の末路
5
幸運を呼ぶ新幹線点検車両「ドクターイエロー」が引退!「撮影会と体験乗車」は必ず見られる最後のチャンス