エンタメ

我が青春の週刊少年ジャンプ(4)「北斗の拳」は連載1回目から人気1位

 目まぐるしいストーリー展開に心震えた瞬間、好きなキャラの死に際に涙した時‥‥。「週刊少年ジャンプ」に夢中になった我々にとっての「黄金時代」は、読者の数だけ存在する。その読者が最も膨れ上がった発行部数653万部を記録した時期の編集長が、その牽引役となった作品の舞台裏を激白した!

 79年、「週刊少年ジャンプ」はターニングポイントを迎えた。のちに第5代編集長となる堀江信彦が集英社に入社し、ジャンプは発行部数300万部を突破した。68年の創刊から11年目にして、他誌を大きく引き離し、少年漫画誌の王者に君臨したのだ。

 しかし、2年後の81年には、ジャンプの勢いにかげりが見え始める。300万部を切る週も発現した。その背景には、いわゆる「ラブコメブーム」がある。「少年サンデー」が「タッチ」(あだち充)や「うる星やつら」(高橋留美子)など、ジャンプとは一線を画する作品を掲げ猛追していた。

 この部数の足踏み状態から脱するために、ジャンプが選択したのはブームに便乗しないことだった。男臭い路線を貫いたのだ。

 そして83年に連載が始まった作品が、ついに「ラブコメブーム」に引導を渡す。入社4年目の若手編集部員だった堀江が担当した「北斗の拳」(作・武論尊/画・原哲夫)だ。

 伝説の暗殺拳「北斗神拳」の使い手、ケンシロウの闘いと生き様を描いた同作は、「お前はもう死んでいる」の名セリフとともに一気にブレイクし、ジャンプの部数を浮上させた。堀江はこう話す。

「もちろん『北斗の拳』だけで部数が伸びたわけではないけどね。ただ、『北斗の拳』の連載開始が、それまで中学生が読者の中心だったジャンプに、気になっていたけど雑誌を買うまでに至っていなかった高校生や大学生が入ってくるきっかけになったと思う。連載が始まって1年で部数は80万部も伸びた。そうこうするうちに、『ラブコメブーム』が終わってしまった」

 武論尊が紡ぎ出す熱い男たちのドラマと原が描く重厚で迫力のある絵が、読者層を拡大させた。そして、84年にジャンプは発行部数400万部に達した。

 その牽引役となったのは「北斗の拳」であることは、連載1回目から読者アンケートが1位だったことに表れている。

「でも、ジャンプで最初から人気のある作品というのは少ない。ほとんどの作品は、連載しながら読者の反応を見て、方向性を変えていくことで人気を獲得していく。『ドラゴンボール』(鳥山明)だって、(キャラクターたちがトーナメントで戦う)天下一武道会が始まってから本格的に人気が出た。最初から人気があったのは『Dr.スランプ』(鳥山明)と『北斗の拳』くらいだった」(堀江)

 確かに、ジャンプには途中から内容が変わっていく作品が多い。しかし、「北斗の拳」はスタート時から一貫して方向性に変化がない。まさに狙いどおりの大ヒット作となった。

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
王監督を激怒させたホークス“大乱闘”の内幕
2
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
3
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント
4
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
5
坂口杏里、“顔だけなら坂道グループにいそう”自画自賛発言にネット民猛反発