芸能

上戸彩「空白の5年」と「3億円生活」秘話(2)CMの契約料は1本3000万

 長男を出産して1年たたない中での連ドラ出演。「空白の5年」を経て決意した裏には、所属する「オスカープロモーション」への思いも見え隠れする。

「ここ2、3年、オスカーのお家騒動で胸を痛めていたようです。今春のトップ人事でも上戸の育ての親、古賀誠一社長が会長になるなどのゴタゴタがあり、屋台骨を支えてきた米倉涼子(44)を筆頭に、草刈民代(55)や岡田結実(20)らのタレントのほか、古賀体制で育った幹部社員も次々と辞めていきましたからね」(芸能プロ関係者)

 だが、上戸はそれに続くことはなかった。それどころか、退社はまったく考えていなかったという。

 コラムニストの峯田淳氏が舞台裏を明かす。

「上戸は古賀会長と折々に面談しています。周囲が騒がしく、去就についても上戸ははっきりと『これまでお世話になったオスカーを辞める気はありません』と伝えた。それを聞いた古賀会長が『ありがとう』と目頭を熱くしたそうです。古賀会長としてもホッとしたのではないでしょうか」

 小学6年生の97年、オスカープロモーション主催の「第7回全日本国民的美少女コンテスト」で審査員特別賞を受賞して事務所入り。34年の人生のうち23年間を過ごした事務所に対して、強い恩義を感じているからだ。

「20歳の時にチャイルドケアライセンスの資格を取るなど、大の子供好き。それでも結婚して3年は事務所に遠慮してか、今までどおりに仕事をこなしていました。そして妊娠、出産後も変わらずCMなど活躍の場を設けてくれたことに、ものすごく感謝の念を感じています。タレントたちが続々と離れていく中、私が頑張らないと、という思いもあったのではないでしょうか。出産間もない中で『半沢直樹』への出演を決めたのも、オスカーへの倍返しならぬ、恩返しでしょうね」(芸能プロ関係者)

 上戸は現在「ソフトバンク」「KOSE」「LION」「AOKI」「大阪ガス」など10社以上のCMに出演している。

「CMの契約料は推定3000万円、中には6000万円を超えるものもあると言われています。子育て期間中は仕事を減らしていたとはいえ、CMだけで3億円以上稼いでいたことになる。ドラマのギャラは一本あたり推定100万~120万円。『半沢直樹』が同額かどうかはわかりませんが、今回、本格的に復帰を果たしたことで、今後、さらにCMのオファーが殺到するでしょう」(スポーツ紙記者)

 この5年間の露出は激減していても、悠々とした「3億円生活」だったのだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石川佳純、「美人になった!」称賛の一方で“意外に大きい”バストの評判
2
藤田ニコル、「年会費180万円マー君クラブVIP」への本音発言が賛否真っ二つ
3
タモリが語った「生活習慣の変化」と昔“バカにしていた”相手の実名!
4
日テレ滝菜月、リンボーダンスの“ぷっくり下腹部ライン”にファン妄想爆発!
5
「鶴瓶の息子」駿河太郎、2年以上の「ドロ沼裁判」急転和解の“ナゼ”