芸能

「半沢直樹」香川照之がリードする歌舞伎役者“熱演”の裏

 7月26日、俳優・堺雅人が主演を務める日曜ドラマ「半沢直樹」(TBS系)の第2話が放送され、世帯平均視聴率22.1%と初回を0.1ポイント上回る高視聴率を獲得した。

 同ドラマは、2013年に放送され最終話42.2%の平均視聴率を叩き出した大ヒット作品の続編。第2話では、前シリーズで半沢(堺)に不正を暴かれ、謝罪のために土下座し、取締役に降格させられた大和田暁(香川照之)と半沢が本社で鉢合わせ。半沢の出向を匂わせた大和田は、「お・し・ま・い DEATH!」と声をはり上げ、親指を立て自身の首をかき切るポーズをして見せた。これにはネットでも「おしまいDEATH。名言決定(笑)」「腹筋がおしまいです(笑)」といったコメントが多数書き込まれている。

 この手に汗握る対決シーンについて、番組公式ツイッターには「相当シリアスでピリピリしたシーンですが、正直撮影の時はスタッフも笑いを堪えるのがなかなか大変でした」との書き込みが。香川はさっそく、大人気を博した7年前の作品に匹敵するインパクトを残したようだ。

「今回は前シリーズから登場している大和田、おネエ口調で半沢の前に立ちはだかる金融庁の黒崎駿一役の片岡愛之助に加えて、本社の証券営業部長・伊佐山泰二役に市川猿之助、さらに新興IT企業スパイラルの瀬名洋介役に尾上松也も出演と、今や『半沢直樹』は歌舞伎界が席巻しつつあります」(スポーツ紙記者)

とりわけ香川は、従兄弟でもある猿之助の演技指導には余念がないという。

「7月24日に放送されたトーク番組「A‐Studio+』(TBS系)に出演した猿之助は、現代劇の経験が乏しく、言葉がどうしても歌舞伎口調になってしまうと悩みを告白。そこで香川に、アドバイス付きのセリフの見本を携帯のボイスメモに入れて送ってもらい、それを聞いて練習していると話していました。さらに大事な撮影には香川も立ち会うといった熱の入れよう。これにはMCの笑福亭鶴瓶も驚き、『(2人が)半沢直樹を歌舞伎の世界に巻き込んでいる』と評していました」(芸能ライター)

 彼らの活躍が、ドラマに深みを与えているのかもしれない。(窪田史朗)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
さいたま市民が埼玉高速鉄道の「延伸」を熱望するのは「大宮駅で乗り換え」がダメダメすぎるから
2
「ドジャースVSパドレス」韓国開幕戦で「山本由伸先発」が決まったのは巨額放映権料の特権
3
古代シュメール人に文明を与えた「幻獣オアンネス」は宇宙服を着た地球外生命体だったという考察
4
タモリ・たけしが徐々にテレビから消えていき…「ビッグ3」で残るのは「さんま」だけ
5
3メートル近い大刀を振り回した体重250キロの巨漢武将「織田・徳川連合軍との激戦」