芸能

浜崎あゆみ・森高千里・華原朋美 歌姫のテレカで見る全盛期の美貌!

 容姿の変化が話題になることが多い歌姫の浜崎あゆみ。時代を作り出した美女と言えども寄る年波には勝てないのか、インスタで公開される写真は修正疑惑が常についてまわる。だが、全盛期は信じられないほどキュートで美女だった。彼女のテレカで当時を振り返ってみたい。

「テレカはグラドルや女優が多いのですが、CDの販売促進のためにテレカが作られたので、歌姫のカードも少なくありません。また、歌手としてデビューする前、アイドルとして活動をしていた時に作られたものもあります。浜崎などはこのどちらにも当てはまるので、多くのカードが存在しています」(テレカ評論家)

 アイドル誌「ボム」のテレカはあゆが歌手デビューする前の95年に制作。貴重な水着姿のせいか価格は6万円。

 同年に作られた「コミックガイズ」のテレカでもワンピースの水着姿を披露。こちらはプリッとしたみごとなヒップが目を引く。

「どの浜崎もとてもきれいです。またナチュラルメイクで素顔に限りなく近い点に驚かされますね。彼女はベースが美人で、今もそれは変わらないはずですからバッチリとメイクをする必要はないように思えます。当時を思い出してほしいですね」(週刊誌記者)

 今も美脚が話題に上る森高千里はシングルCDの販促用テレカがいくつも作られた。「臭いものにはフタをしろ!!」や「ザ・ストレス」、「非実力派宣言」のテレカではおなじみのミニ丈スカート衣装で、美脚をたっぷりとおがめる。

 最近はお騒がせタレントとしてのイメージが強い華原朋美も、全盛期はキュート。「遠峯ありさ」名義の少年マガジンのテレカは5万8000円と高値をキープしている。

 この他にも「黒BUTAオールスターズ」時代の持田香織や、レースクイーンだったころの坂井泉水など、歌姫のお宝テレカはたくさん。発売中の「アサ芸Secret VOL.65」では貴重なテレカを紹介している。彼女たちの絶頂期がどれほど美しかったのか、確認したい人は要チェック!

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
2
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
3
京都「会館」飲食店でついに値上げが始まったのは「他県から来る日本人のせい」
4
完熟フレッシュ・池田レイラが日大芸術学部を1年で退学したのは…
5
フジテレビ井上清華「早朝地震報道で恥ずかしい連呼」をナゼ誰も注意しない?