芸能

小島瑠璃子、「キングダム」作者への“Fカップ押し当て写真”にネット騒然!

 8月3日発売の「週刊ポスト」が、小島瑠璃子と大人気漫画「キングダム」作者・原泰久氏の熱愛をスクープし、大きな注目を集めている。2人の出会いは、19年に放送されたバラエティ番組「世界ふしぎ発見!」(TBS系)だったという。

「番組では、小島がミステリーハンターとして中国を訪れ、『キングダム』の舞台を巡りながら古代中国史の秘密に迫るという企画を放送。その中で小島は、作者である原氏の仕事場を訪れ大感激していました。その時、原氏は結婚指輪を付けており、既婚者だったのですが、記事によると今は離婚して独身とのこと。そして最近になって、小島が猛アタックして交際に発展したようです」(芸能記者)

 そんな原氏は、「キングダム」の単行本で妻の存在を明かしたり、「情熱大陸」(TBS系)にも夫婦で出演するなど、仲睦まじい夫婦のイメージが原作ファンに浸透していた。それだけに今回の報道に対し、ネットでは「情熱大陸に、サラリーマン時代から一緒だった奥さん出てたけど別れたのか」「あとがきで家庭円満アピールしてたのに…」「キングダム好きだけど、3人の子育てをしている元妻の事を考えたら、あんまり見たくない記事だった」とショックの声も飛び交っている。

 だが一方で、ある1枚の写真が注目を集めているという。

「今回、『NEWSポストセブン』は、約30枚にも及ぶ、2人のデート現場写真を掲載しました。その中には、小島が原氏の腕をギュッとつかみ、バストを押し当てているような写真もある。小島といえば、スレンダーながら推定Fカップのナイスバディとして知られていますから、ネットでは『こじるりの、あのバストを押し当てられたら断れる男はいないだろう』『仮に奥さんや子供がいようとも、これは抗えない』と、原氏の交際に納得する声もあがっています」(前出・芸能記者)

 一部では年収が数十億レベルだと噂される原氏。資産だけでなくナイスバディの美女タレントも手に入れた彼の生活は、男の夢なのかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
明石家さんま「木村拓哉以外とは会ってない」SMAPとの溝を作った決定的発言
2
挿入から行為後まで…真木よう子が公開した疑惑の写真に「これは完全にヤッてるな」
3
「バスVS鉄道」なのに「歩きまくり20キロ超」太川陽介が顔をゆがめた「難対決」再び!
4
加藤浩次と宮迫博之が大激論!「雨上がり解散」で蛍原を追い詰めた「アキレた内幕」
5
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」