芸能

木下優樹菜引退で気になる「ヘキサゴンファミリー」上地雄輔の「いま」

 2005年から11年まで放送されたバラエティ番組「クイズ!ヘキサゴンII」(フジテレビ系)で“おバカキャラ”として名を馳せ、結婚後はママタレントとして活躍していた木下優樹菜さんがタピオカ問題を皮切りに、複数男性との交際報道まで飛び出し芸能界を引退したのは周知の通り。木下さんら「ヘキサゴンファミリー」は、おバカをウリにしていたタレントが多かったが、私生活でも“おバカ”が度を越した行動をしてしまっては、タレントは長生きできないのが芸能界、ということかもしれない…。

 では、木下さんと同じくヘキサゴンファミリーだったタレントの上地雄輔はどうか。現在、俳優として活躍しており、定期的にドラマや映画に出演している。また、YouTubeの活動も積極的で、みずからのYouTubeチャンネル〈上地雄輔の遊Tube〉を今年5月5日に開設、俳優仲間である中尾明慶のYouTubeチャンネル〈中尾明慶のきつねさーん〉ともコラボ企画を実現している。

 実はもともと2人は、08年に佐藤隆太主演で放送された甲子園出場をかけた熱血野球ドラマ「ルーキーズ」(TBS系)で共演。中尾のYouTubeチャンネルの7月14日投稿〈【あの興奮再び】ルーキーズ江夏と負けられないガチ野球対決〉では、ピッチングマシーンを使ったバッティング勝負を繰り広げた。この中で上地は、横浜高校野球部時代、キャッチャーとしてあの松坂大輔とバッテリーを組み、甲子園を目指した経験から、「この人何考えてるなとかわかります。朝何を食べてきたとか」と、笑いを交えて発言。変化や習性をいち早く察知してサインを出すのがキャッチャーなのだと語り、中尾の「どこ見るんですか?」の質問に、「バッターの目線、相手監督の目線、ピッチャーの様子をうかがってサインを出す。試合の中の監督だから」と、つまり俯瞰でものを見るのが習性のようだ。

ヘキサゴンファミリーの中で、上地に限って言うならば、横浜高校時代に培った礼儀と、本物のおバカでは務まらないキャッチャーの経験から、今後もジワリと自分の居場所を見出していくのではないかと予感させる回だった。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
すみれがスカート奥見せ!太川&蛭子も暴走「旅バラ」再放送の注目ポイント
2
のん“一日署長”姿がすっかり下ネタ扱い…「完全復帰」が実現しない残念現象
3
フジ渡邊渚、「柔らかそう!」絶賛の“Gバスト”爆揺れダンス生披露
4
大橋未歩の離婚&再婚に「介護してくれた旦那をよく捨てられたな」の大合唱
5
河北麻友子、ペアルック写真公開もネット民「違和感とツッコミ」の声のワケ!