芸能

山本舞香、「今日俺・劇場版」スケバン役がハマりすぎで思い出されるアノ話!

 人気ドラマの映画版として公開された「今日から俺は!!劇場版」。7月17日の初日からわずか3日で観客動員数60万人を達成。配給元の東宝は、最終興収50億円を狙えると鼻息を荒くしている。

 キャラの濃い登場人物たちの中でも、とりわけ注目を集めているのが、怪しいスケバン・涼子を演じる山本舞香のヤンキーぶりだ。

「山本演じる涼子は金髪で、制服の上に紫色の特攻服を羽織り、従兄弟の悟(泉澤祐希)の仇を討とうと、主人公・三橋(賀来賢人)相手に、竹刀を振り回して大立ち回り。その姿がハマりすぎていると評判なのです」(映画誌ライター)

 もちろん、バリバリのヤンキー口調。男の不良に引けを取らないドスの効いたセリフ回しは、どこから見ても完璧なスケバンだ。

「山本は今回の役を演じるにあたり『私にできるかな…と不安もありましたが、何事もチャレンジ! と思い森川涼子役を引き受けました』とコメントしていますが、観客からは『山本舞香がヤンキー役とかピッタリすぎる』などの感想が数多く寄せられています」(前出・映画誌ライター)

 なぜ山本がここまでヤンキー役にハマったのか。理由は、その性格にあるようだ。

「2018年に『アウト×デラックス』(フジテレビ系)に出演した際、マツコ・デラックスに『ほぼ、そのへんを歩いてるヤンキーと構造は変わらない』とその性格を見抜かれています。また、去年出演した『深イイ×しゃべくり』(日本テレビ系)では、兄の彼女とのトラブルを告白。家で兄と彼女が座っていたところを通ろうとして『素通りして行ったら(兄に)「おい、(彼女に)挨拶しろ」って言われて。「はあ? ここ、舞香ん家だから。女のほうが挨拶しろよ」って(言った)』と明かし、スタジオを驚かせました」(芸能ライター)

「今日から俺は!!」でのヤンキー口調は、限りなく山本の素に近いのかもしれない。(窪田史朗)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
今田美桜、吉岡里帆を圧倒した「ジャンボなバスト」CM映像が話題沸騰!
2
木南晴夏、インスタの水着姿で再注目された「意外に豊かなバスト」!
3
吉岡里帆、「裏で“こぼれそうだったバスト”」を封印報道に嘆きの声!
4
有村架純、「前科者」風呂シーンで見せた“マッパ美ボディ”にファン歓喜!
5
太川陽介の鉄道旅がぺこぱへ継承!田中要次・羽田圭介が迎える“危機”とは