芸能

瀧川鯉斗、「人を殺すような目だな」と言われた三遊亭小遊三と続いている関係

テリー やっぱり師匠も引退は18歳だったんですか。

鯉斗 はい。たまり場でみんなでテレビを見てる時に、なんか急に「あぁ、こいつらとずっとつきあってたら母親を悲しませるかなぁ」と思っちゃったんですよ。それで何の脈絡もないんですけど、役者になりたいと思って、すぐに東京に出てきちゃったんです。

テリー へぇ、さすがの行動力。でも、男前だし、役者を目指すのはいい判断でしたよね。

鯉斗 ただ、当然ですけど何のツテもなかったから大変でしたね。それなのに「俺は総長だった」みたいなプライドだけはあって‥‥。

テリー 「俺は60人仕切ってたんだぞ」みたいな。

鯉斗 そうです。でも、お金はないですから、まず何かバイトを探さなきゃいけなくて。それで、たまたま行った新宿のレストランのオーナーが、昔ナベプロでミュージシャンをやっていたという人で。「お前、何になりたいんだ」「役者です」って言ったら、「そうか。明日から来い」ということになったんです。

テリー そのへんは運もありますよね。

鯉斗 そうですね。しかも年に2回、その店でうちの師匠(瀧川鯉昇(りしょう))が独演会をやっていて。オーナーが「役者になりたいなら落語ぐらい知っとけ」「お前はコックになるためにいるわけじゃないだろ」って、次の独演会の時に、見せてくれたんです。その時に「落語というのは、究極の一人芝居だな」と。それで打ち上げの席で師匠に「弟子にしてください」って頼んだんです。

テリー 早いなぁ。ほんとに行動力とツキがありますよね。それで弟子入りして、最初はどういうことを教わるんですか。

鯉斗 「まず一人で着物を着られなければ話にならないから」って、着付けから教わりまして。一生懸命覚えて、師匠の家に行って「覚えました!」と。そしたら「次は太鼓だ」って、一番、二番の太鼓を教わって。

テリー 寄席で聞く太鼓は、全部前座さんが打ってるんですよね。

鯉斗 そうですね。そういう前座仕事を2年ぐらいですかねぇ、教わりながらやってました。

テリー 前座って厳しい修行時代だし、理不尽なこともあると思うんですよ。よく辞めなかったですね。

鯉斗 まったく知らない世界ですから新鮮だったし、楽しかったんです。

テリー 暴走族も料理の世界も縦社会じゃないですか。そういうのに慣れていたのもあるんですか。

鯉斗 あぁ、言われてみれば。だから、抵抗は全然なかったですね。まぁ、暴走族と違って、殴られないだけいいかなと(笑)。

テリー アハハ。鯉昇師匠の他にもお世話になる人っているんですか。

鯉斗 当時、落語芸術協会の副会長だった(三遊亭)小遊三師匠に、楽屋入りで挨拶したら「お前、人を殺すような目してんな」「芸人は笑ってなきゃダメなんだよ」って言われたんですよ。それから小遊三師匠の鞄持ちもするようになりまして。

テリー あ、そういうのがあるんだ。

鯉斗 はい、協会内ではあるんです。うちの師匠がいいって言えば。

テリー へぇ~。

鯉斗 だから、小遊三師匠には相当お世話になってますね、今でも。下手すりゃ、うちの師匠よりお世話になってます(笑)。

(アサヒ芸能8月6日号「天才テリー伊藤対談」=3=)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ボタンが弾け飛びそう!新井恵理那、“Dバスト”躍動バドミントン動画に絶賛の声
2
テレ東・角谷暁子、ニットがキツそう!まん丸“お椀バスト”がまた進化!?
3
ゴムは常備!? 重盛さと美、32年間お泊りなしの”連れ込み型女子”宣言のワケとは
4
森川夕貴の“電撃婚”で弘中綾香の「円満独立プラン」が頓挫したワケ
5
とんねるず、「タモリのビールをよそにドンペリ」押し通した驚愕バブリー現場