芸能

深田恭子、「米で禁止令」TikTokで「キスされ」仮想体験動画を公開していた!

 アメリカのトランプ政権は、中国企業が提供する動画アプリ「TikTok」の使用を禁止する動きを見せ、波紋を広げている。

「トランプ大統領は位置情報や閲覧履歴など、ユーザーのデータが中国政府にわたることを懸念しています。日本でも若者の間でブームになったアプリで知られていますが、すでに自民党の議員連盟の会合が開かれ、利用制限に向けて政府に法整備を求める動きも出てきました。この先、使用禁止になる可能性は高いでしょう」(ITジャーナリスト)

 TikTokといえば、芸能人にも多くの「ティックトッカー」がいて、コロナ禍のステイホーム中にファンとの距離を縮める役割を担ってきた。

 そんな中、7月10日にアカウントを開設したのは女優の深田恭子だ。これまでベッドの上で部屋着のまま“泳ぐ”姿や、セパレートタイプの水着姿でサーフィンしている動画をアップし、テレビで見せない表情が話題になっている。

「8月7日に公開された3本目の動画では、飼い犬の目線で撮影され、家の中でお留守番をして待っていると、深キョンが帰ってきます。『ただいま~』という声で犬が深キョンのもとに駆け寄ると、しゃがんだ生足が目の前に。それからギュッと抱きしめられ、『いい子にしてた?寂しかった?』と言って、キスまでしてくれるんです。当然カメラはアップでキス顔を捉え、深キョンのペットになったらこんな幸せな日々を過ごせるのかと、あらぬ妄想が広がる動画なんです」(芸能ライター)

 TikTokの使用禁止が実現すれば、こんなお宝動画がアップされなくなってしまう。彼の国の政府関係者も深キョンのTikTokを見れば、心変わりする!?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
石原さとみ、「前かがみバスト見せ動画」が“1日で100万再生”の大反響!
2
唐橋ユミ、「大きくない」発言を覆すクッキリ衣装で“Dバスト”の根拠映像
3
ついに薄幸が加入!テレ東温泉旅番組に期待高まる「G・G・Hバスト揃い踏み」
4
明石家さんまがグチりまくり!「五輪開会式」出演芸能人から遠ざけられる“ワケ”
5
フジ井上清華、”Dバスト突き出しサービス”に視聴者が歓喜した!名誉挽回の光明