芸能

清純派の松本穂香、「複数の男に乱暴」迫真場面で見せた「爆裂バスト」ド迫力!

 ドラマ「この世界の片隅に」(18年、TBS系)の主演や、CM「au~意識高すぎ!高杉くん~」シリーズなどで人気の松本穂香が、異色ドラマのヒロインで奮闘している。7月28日に始まった「竜の道 二つの顔の復讐者」(フジテレビ系)がそれで、整形して復讐を企てる兄弟(玉木宏・高橋一生)の妹という役どころだ。

 ハードタッチのドラマであり、8月18日放映の第4話では、穂香扮する吉江美佐が悪女・まゆみ(松本まりか)の罠で、数人ものホストたちに乱暴される地上波らしからぬ場面があった。

「誰からも愛されて、まっすぐ育ってきましたみたいな顔して、私の前をうろつかないでくれる」

 まゆみの怒号を合図にホストの1人が穂香にのしかかるのだが、あわやという迫力の展開。

「押し倒された穂香はシルクの白いブラウスを着ていますが、自分で脇を固めて必死にガードしたために、バストのふくらみがクッキリ。激しく抵抗して上下にふくらみが揺れる場面も確認できました」(ドラマウオッチャー)

 近年の若手女優では吉岡里帆や「ビズリーチ!」の吉谷彩子が「隠れ美バスト女王」として認識されているが、その一角に食い込みそうだというのである。

「NHK朝ドラの『ひよっこ』(17年)や『この世界の~』では、驚くほど重量級のヒップが確認されていました。23歳という育ちざかりの年齢のせいか、推定Dカップのバストはさらに巨大化しているようです」(前出・ドラマウオッチャー)

 10月には角川春樹監督の最後の映画となる「みをつくし料理帖」(東映)が主演作として公開される。成長した美バストは、スクリーンで輝きを放ちそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
謎の放置状態で急浮上した「クビになるタレント2人」の「証拠映像」
2
これは見ておくべき!谷まりあ「とんでもない大きさのバスト」を大サービス
3
「仕事がないものですから…」沢田研二が伏せていた「田中裕子との関係」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
4
プロ野球「隠ぺいされた不協和音」ワースト7(3)原采配のシワ寄せを受ける巨人・坂本勇人
5
渡辺裕之「コロナ首吊り自死」前の奇行証言!「撮影現場で『物がなくなった』と妙なことを…」