芸能

励ましになってる?狩野英孝が小島瑠璃子に送った“エール”の仰天中身とは

 次々と新たな芸能ニュースが流れたことから、最近になってようやく下火になってきたのが、タレントの小島瑠璃子と人気漫画 「キングダム」作者・原泰久氏の熱愛ネタ。ネット上では小島の“略奪”ではないかということで、さんざん叩かれてきたが、2人に“エール”を送ったのが、お笑い芸人の狩野英孝だ。

 そのエールについて触れるマエに改めて小島と原氏の関係について振り返っておくと、かねてから「キングダム」の大ファンを公言していた小島が原氏と出会ったのは、2018 年11月に行われた人気番組「世界ふしぎ発見!」(TBS系)の収録。交際がスタートしたのは今春からと伝えられている。

 原氏は前妻と06年に結婚し、3人の子どもをもうけていた。前妻は原氏が脱サラして漫画家デビューするの支えた“糟糠の妻”としてファンの間で知られていたが、当初、原氏が離婚したのは“最近”とだけしか報じられておらず、ネット上では「不貞略奪愛なのでは」と憶測が広がった。

 その後、8月27日発売の「週刊文春」が報じたのは、原氏は2012年にテレビ番組で共演した元“歴女”アイドルAさんと、18年ころから恋愛に発展。Aさんには婚約者がいたが、 原氏に離婚をチラつかされて婚約者と別離。原氏との結婚を信じて今年の春に芸能界を引退したものの、その頃に原氏と小島が急速に距離を縮め交際を開始したという内容だった。

「9月3日には原氏がツイッターで、離婚したのは今年3月だったと告白。元妻⇒Aさん⇒小島と乗り換えていった過程で、元妻とAさん、Aさんと小島が結局はかぶっていたということで、一応今は認識されています」(芸能ライター)

 いずれにせよ、小島と原氏のイメージダウンは避けられないところだが、狩野が2人にエールを送ったのが、9月13日放送の「上沼・高田のクギズケ!」(読売テレビ)でのことだった。

 原氏と小島の「略奪&四角関係!?」をテーマにトークしていた際、MCの上沼恵美子に 「英孝ちゃんだって糟糠の妻を捨てたもんね」と振られると、狩野は「当時はボクなんか AB……Jぐらいまで出てたんで。それ考えたら全然楽勝ですよ、こんなの」と笑い、 「扱う案件でもないですよ、これは」と語った。

 狩野が14年の離婚後、16年にあった6股騒動のことを言っていると思われるが、当人たちもこんなところで“励まされる”とは思いもよらなかっただろう。

(鈴木十朗)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大橋未歩の“バックは必要”発言!/フリー女子アナ「スキャンダル黒歴史」(終)
2
吉岡里帆 ドラマ「レンアイ漫画家」で“27秒42回”バスト揺れも大爆死の舞台裏
3
ボタンが弾け飛びそう!新井恵理那、“Dバスト”躍動バドミントン動画に絶賛の声
4
テレ朝・安藤萌々、2年目で見せ始めた“Dバスト”の「本領発揮」!
5
広瀬すず、“前かがみ美バスト写真”で飛び交った「ネメシス」視聴者の願いとは?