芸能

「昭和昼ドラ感」以外にも!?わたどう、「原作漫画ファン」ならではの楽しみ方

 若手人気俳優の浜辺美波と横浜流星主演連続ドラマ「私たちはどうかしている」(日本テレビ系)の第6話が9月16日に放送され、平均視聴率は9.6%をマーク。これまでの最高視聴率だった初回の数字に並んだ。

 幼馴染の「光月庵」の次代当主・高月椿(横浜)の証言で、殺人者として逮捕された母の無念を晴らそうと奔走する七桜(浜辺)の物語。老舗和菓子屋を舞台に、大旦那・高月宗寿郎(佐野史郎)や殺害されたその息子(鈴木信之)と嫁(観月ありさ)、従業員などが複雑に絡んだ愛憎劇だ。

 第6話では、椿の子を身ごもっていた七桜だったが、「光月庵」の火災を目の当たりにし、流産してしまう。そのショックから、椿とも別れて3年の月日が経った。七桜は、謎の人物・多喜川薫(山崎育三郎)の支援で和菓子店を開いていた。

 放送開始時は、観月演じる今日子の悪女ぶりが「怖すぎる」と話題になり、七桜に対するイジメっぷりが「昭和の昼ドラみたい」と評された。

 テレビ誌ライターは「原作漫画ファンには違った楽しみ方があるようだ」という。

「このドラマは、非常に原作に忠実です。ドラマのカット割りが、原作のコマ割りそのままで“まるで漫画の場面の写真を見ているよう”と話題になっています。主人公の椿と七桜が横浜と浜辺によく似ているのも、原作ファンにとって好評です」

 次回の第7話は、離れていた椿と七桜が、対等の和菓子職人として再会する。もつれていた愛憎の行方がどうなるのか、ますます気になるところだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
三浦翔平が妻・桐谷美玲の“サイズ”を激白!笑み浮かべ「ちっちゃい」に騒然
2
松田聖子「40周年」と「沙也加」の誤算(1)58歳で小ぶりバスト披露の衝撃
3
佐々木希、匂わせたのは妊娠?離婚?「謎すぎインスタ」が超深読みされていた
4
芦田愛菜、「難関私立中」複数合格の「神童」女優が今抱く“野望”とは?
5
田中理恵、バストアップに成功!恍惚表情もタマらないストレッチ動画の中身