スポーツ

清原和博、原巨人の死球数に「甘くないですか?」と指摘した“真意”とは?

 元プロ野球選手、清原和博氏の不名誉な日本プロ野球記録が2つある。通算1955の三振と196の死球である。こと死球の数関しては、名打者ゆえ厳しいコースを攻められた勲章ともいえるが…。

 そんな清原氏が、西武ラインズでは同じユニフォームを着て戦った1年先輩の大久保博元氏のYouTubeチャンネル〈デーブ大久保チャンネル〉に9月14日投稿回〈【第三話】清原と語る、読売巨人軍〉に出演し、現在、好調街道をひた走る原辰徳巨人に対する他球団の攻めの甘さを指摘した。

 清原氏は誰かに調べてもらった話として、猛将、故・星野仙一氏が阪神タイガースの監督時代、例えば、巨人が死球を20個与えると、阪神から50個返ってきたといった「倍返し」なエピソードを明かす中、最近のことと思われる、動画の収録日時点での死球数を「調べてきた」とスマホを取り出し読み上げた。

「巨人の岡本和真が2死球、丸佳浩と坂本勇人がゼロ…」

 死球の数の少なさに大久保氏も驚き顔で、これに清原氏は「甘くないですか?」と苦笑い。だから、踏み込んで打たれてしまうのだと持論を展開した。

 また、最下位のヤクルトスワローズの被死球がセリーグで一番多い21に対し、首位を走る巨人の被死球が12と一番少ないというアベコベさに言及、「ぶつけろと言ってんじゃないですよ。厳しいところを攻めろと…」と、清原氏は他球団の攻めの甘さを指摘した。

 名選手ゆえ、厳しいコースを攻められるのだろうが、一方、名選手は避けるのが巧いとも聞く。読者諸兄の見解はいかがだろうか…?

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ボタンが弾け飛びそう!新井恵理那、“Dバスト”躍動バドミントン動画に絶賛の声
2
テレ東・角谷暁子、ニットがキツそう!まん丸“お椀バスト”がまた進化!?
3
ゴムは常備!? 重盛さと美、32年間お泊りなしの”連れ込み型女子”宣言のワケとは
4
とんねるず、「タモリのビールをよそにドンペリ」押し通した驚愕バブリー現場
5
森川夕貴の“電撃婚”で弘中綾香の「円満独立プラン」が頓挫したワケ