スポーツ

清原和博、原巨人の死球数に「甘くないですか?」と指摘した“真意”とは?

 元プロ野球選手、清原和博氏の不名誉な日本プロ野球記録が2つある。通算1955の三振と196の死球である。こと死球の数関しては、名打者ゆえ厳しいコースを攻められた勲章ともいえるが…。

 そんな清原氏が、西武ラインズでは同じユニフォームを着て戦った1年先輩の大久保博元氏のYouTubeチャンネル〈デーブ大久保チャンネル〉に9月14日投稿回〈【第三話】清原と語る、読売巨人軍〉に出演し、現在、好調街道をひた走る原辰徳巨人に対する他球団の攻めの甘さを指摘した。

 清原氏は誰かに調べてもらった話として、猛将、故・星野仙一氏が阪神タイガースの監督時代、例えば、巨人が死球を20個与えると、阪神から50個返ってきたといった「倍返し」なエピソードを明かす中、最近のことと思われる、動画の収録日時点での死球数を「調べてきた」とスマホを取り出し読み上げた。

「巨人の岡本和真が2死球、丸佳浩と坂本勇人がゼロ…」

 死球の数の少なさに大久保氏も驚き顔で、これに清原氏は「甘くないですか?」と苦笑い。だから、踏み込んで打たれてしまうのだと持論を展開した。

 また、最下位のヤクルトスワローズの被死球がセリーグで一番多い21に対し、首位を走る巨人の被死球が12と一番少ないというアベコベさに言及、「ぶつけろと言ってんじゃないですよ。厳しいところを攻めろと…」と、清原氏は他球団の攻めの甘さを指摘した。

 名選手ゆえ、厳しいコースを攻められるのだろうが、一方、名選手は避けるのが巧いとも聞く。読者諸兄の見解はいかがだろうか…?

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
三浦翔平が妻・桐谷美玲の“サイズ”を激白!笑み浮かべ「ちっちゃい」に騒然
2
松田聖子「40周年」と「沙也加」の誤算(1)58歳で小ぶりバスト披露の衝撃
3
佐々木希、匂わせたのは妊娠?離婚?「謎すぎインスタ」が超深読みされていた
4
芦田愛菜、「難関私立中」複数合格の「神童」女優が今抱く“野望”とは?
5
田中理恵、バストアップに成功!恍惚表情もタマらないストレッチ動画の中身