芸能

藤田ニコル、「バストの先端に入れたい」吐露も出たタトゥー談義の一部始終!

 9月5日、モデルでタレントの藤田ニコルがメインパーソナリティーを務めるラジオ番組「藤田ニコルのあしたはにちようび」(TBSラジオ)で、藤田の口からリスナーがドキッとするような発言が飛び出した。「モンスターボールみたいに周りを囲って真ん中の部分をボタンみたいに…」と、大好きなゲーム「ポケットモンスター」でモンスターを捕獲するためのボールを模した「タトゥー」をバストの先端に入れたいという“願望”をさらりと明かしたのだ。

 芸能関係者がこの発言が飛び出すまでの経緯を振り返る。

「体にタトゥーを入れていたことで勤務先の高級すし店を解雇された男性のニュースについて議論する流れで、にこるんがブッコミました。トークの前半こそ、タトゥー文化に対して『意味のあるタトゥーを入れる人もいる』と、価値観の多様性を支持するマジメなコメントを残していましたが、“付き合っている相手のタトゥー”について話題が移ると、歴代の彼氏に彫り物を入れている人がいないことを前置きしつつ、『別にタトゥーが入っていようが関係ないです。むしろ入っていたら…』としたうえで、『逆に』艶っぽいのではないかと指摘し、続けて『なんか悪いことをしているような気になってしまいます(笑)』と徐々に艶トークのエンジンがかかってきました」

 その後、トークは芸能人のタトゥー事情に展開。藤田は、「耳や首の後ろ」そして、胸用のアンダーウエアで隠れる部分に「入れがち」とまで、見聞きした知見に基づく持論を饒舌に語ったのだ。

 これに、番組で共演しているタイムマシーン3号の山本浩司が「1個入れるとしたらどこに入れたい?」と“タラレバ”質問を投下。ノリノリの艶発言に抑えのきかなくなった藤田から冒頭の“バストの先端に入れたい願望”が暴発したという流れだ。

 このように鮮度も艶度も抜群な話題をリスナーに提供する藤田だが、ここにきてそんな艶トークに陰りがみられているというのだ。

「この回の後、にこるんの艶発言はトーンダウンしていますね。放送コードにひっかからない程度のギリギリトークは、男性ファンには大喜びですが、同年代の女性ファンのウケはあまり芳しくないようです。ちょうど先月中頃に、自身が10代の時からプロデュースしていたアパレルブランドに区切りをつけて新しいステップに進むことを発表したばかり。同世代の女性にあこがれられる存在を目指して艶発言を抑えているのかもしれませんね」(前出・芸能関係者)

 もしそうだとしても、いつまでガマンできるのか。無理はしないでいただきたい!?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
明石家さんま「木村拓哉以外とは会ってない」SMAPとの溝を作った決定的発言
2
挿入から行為後まで…真木よう子が公開した疑惑の写真に「これは完全にヤッてるな」
3
「バスVS鉄道」なのに「歩きまくり20キロ超」太川陽介が顔をゆがめた「難対決」再び!
4
加藤浩次と宮迫博之が大激論!「雨上がり解散」で蛍原を追い詰めた「アキレた内幕」
5
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」