芸能

“日本一”俳優は笛木優子とも…/美女「バストトップ出し情交」場面大全(終)

 情交シーンの主役は女優である。ただ、相手となる俳優がいなければ成立しないのも事実だ。あぁ、一度でいいから、俳優になってみたい…。日本で最もうらやましがられるオトコはいったい誰?

「故・三國連太郎が『前張りナシで本番をしようとした』という都市伝説があります」と話す芸能ジャーナリストの沖直人氏は、その伝説の意味をいいように解釈すれば、情交シーンに「リアルさを求めていた」ということであると指摘し、「それほど昭和の映画界は活気があったということでしょう」と分析する。

 かつての映画界でベッドシーンにおける「帝王」と呼ばれる俳優もいた。18年に亡くなった津川雅彦だ。

前出・沖氏によれば、「若い頃は二枚目を地でいく役柄が多かった」津川だが、「30代以降は人間臭い役柄を演じることが増え」て、まさに「ベッドシーンといえば津川」のような存在になっていったという。

 その経歴をたどると、多くの傑作ベッドシーンが存在する。81年の映画「マノン」(東宝)では、烏丸せつこの豊かな胸に顔をうずめた。さらに「墨東綺譚」(92年、ATG)で墨田ユキを相手にバストトップを舐め回す。特に結合場面は「本当に疑似なのか」と思わせるほどだった。津川の円熟したベッド演技はそれほど迫真力に満ちていた。

 そんな帝王亡きあと、二代目を継承したと言われるのが奥田瑛二。森下愛子に始まり、かたせ梨乃、荻野目慶子らのバストトップを味わい尽くした。吉本多香美を相手にベッドシーンを演じた「皆月」(99年、日活)では、冴えない会社員役で吉本に翻弄されながらも、野獣のように貪る情交シーンまで披露した。

 さらに「新・雪国」(01年、ケイエスエス)では、笛木優子の唯一のバストトップフルオープンのベッドシーンで相手役を務めた。この作品について前出の沖氏は、奥田は、笛木の「小ぶりながらも、ピンクな」バストトップを「背後から何度も包み込むようになで上げて」、最後ははずかしめるように「対面して唇をはわせる」という。これほどねちっこいベッドシーンになったのは、「奥田の技量があったればこそです」と語る。

 現状、奥田に若手俳優の追随を許す気配はない。今後も女優たちのバストトップを舐め、吸い続けることになりそうだ。仕事とはいえ、やはりうらやましいかぎりだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
綾瀬はるか、「Fバスト」が隠しきれない!四十路前でも“張り”最高潮の最新映像
2
高橋真麻が「奇跡の1枚」公開!ほっそりボディに“Gバスト”はまるで別人だッ
3
“Fバスト”がこぼれ出てる!?谷まりあ、「片パイ強調」事態に視聴者クギ付け
4
雛形あきこ、温泉ロケで見せた「Eバスト渓谷クッキリ場面」に視聴者クギ付け!
5
井上清華アナの次のエース!?フジ・藤本万梨乃のハイスぺ素顔と2人の“意外接点”