芸能

“日本一”俳優は笛木優子とも…/美女「バストトップ出し情交」場面大全(終)

 情交シーンの主役は女優である。ただ、相手となる俳優がいなければ成立しないのも事実だ。あぁ、一度でいいから、俳優になってみたい…。日本で最もうらやましがられるオトコはいったい誰?

「故・三國連太郎が『前張りナシで本番をしようとした』という都市伝説があります」と話す芸能ジャーナリストの沖直人氏は、その伝説の意味をいいように解釈すれば、情交シーンに「リアルさを求めていた」ということであると指摘し、「それほど昭和の映画界は活気があったということでしょう」と分析する。

 かつての映画界でベッドシーンにおける「帝王」と呼ばれる俳優もいた。18年に亡くなった津川雅彦だ。

前出・沖氏によれば、「若い頃は二枚目を地でいく役柄が多かった」津川だが、「30代以降は人間臭い役柄を演じることが増え」て、まさに「ベッドシーンといえば津川」のような存在になっていったという。

 その経歴をたどると、多くの傑作ベッドシーンが存在する。81年の映画「マノン」(東宝)では、烏丸せつこの豊かな胸に顔をうずめた。さらに「墨東綺譚」(92年、ATG)で墨田ユキを相手にバストトップを舐め回す。特に結合場面は「本当に疑似なのか」と思わせるほどだった。津川の円熟したベッド演技はそれほど迫真力に満ちていた。

 そんな帝王亡きあと、二代目を継承したと言われるのが奥田瑛二。森下愛子に始まり、かたせ梨乃、荻野目慶子らのバストトップを味わい尽くした。吉本多香美を相手にベッドシーンを演じた「皆月」(99年、日活)では、冴えない会社員役で吉本に翻弄されながらも、野獣のように貪る情交シーンまで披露した。

 さらに「新・雪国」(01年、ケイエスエス)では、笛木優子の唯一のバストトップフルオープンのベッドシーンで相手役を務めた。この作品について前出の沖氏は、奥田は、笛木の「小ぶりながらも、ピンクな」バストトップを「背後から何度も包み込むようになで上げて」、最後ははずかしめるように「対面して唇をはわせる」という。これほどねちっこいベッドシーンになったのは、「奥田の技量があったればこそです」と語る。

 現状、奥田に若手俳優の追随を許す気配はない。今後も女優たちのバストトップを舐め、吸い続けることになりそうだ。仕事とはいえ、やはりうらやましいかぎりだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
妻はロッテに大暴言!謝罪なしの楽天・辰巳涼介「神様は見てくれている」にファンが握りこぶし
2
塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝
3
MLBオールスター出場〝今永昇太〟はデコピン以下!絶妙哲学コメントをバラエティがガン無視でファン憤慨
4
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
5
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件【2024年6月BEST】