芸能

MEGUMI、「極主夫道」の強烈主婦・和子が「あのキャラに激似」と話題!

 玉木宏が主演を務める「極主夫道」(日本テレビ系)。“最凶”の極道「不死身の龍」と恐れられた男が、今度は主夫業で波乱を起こすコメディで、第5回(11月8日放送)では龍(玉木)と美久(川口春奈)の馴れ初めが描かれた。

 主人公の龍をはじめ、天雀会会長の菊次郎(竹中直人)やその妻の雲雀(稲森いずみ)、元舎弟の雅(志尊淳)など、強烈なキャラクターが脇を固めているこのドラマ。中でも、MEGUMI演じる龍の主婦仲間・和子が注目を集めているという。

 和子は、龍たちが暮らす火竜町の婦人会の会長。会長ゆえに姉御肌でもあるが、龍の主夫力に一目置き、自分のために利用しようと画策するしたたかな一面を持つ。しかも、龍をヤクザの道に戻そうとする菊次郎と衝突。その時の威勢のいい口振りが、あるキャラクターにかなり似ているという。

「第5話では和子と菊次郎が公園で衝突。そこで菊次郎が『下女どもが!』と怒鳴ると『あんたそんなこと言っていいと思ってんの! 女性にねぇ、酷いわよねえ! あんた男尊女卑よ!』と応戦。第4話では、お料理教室で“下町から揚げ戦争”に及んだ際は『あんた、龍さんの何なの?』とメンチを切り菊次郎に迫り『あんたたちの魂胆はわかってるのよこのタコ坊主が!』と啖呵を切ります。この姿が、MEGUMIが再現VTRで出演している番組『痛快TV スカッとジャパン』(フジテレビ系)で演じるモンスターペアレンツ役やボスママ役のキャラクターにそっくりだという声が上がっているのです」(芸能ライター)

 MEGUMIのボスママは、番組でも人気の高いキャラ。18年9月13日に更新した自身のインスタでは、ボスママシリーズが20回に到達したことを報告。スタッフから記念に送られたケーキの写真もアップ。「このシリーズ始めてから沢山お子ちゃまに声を掛けて頂く事が増えました」と、感慨深げにコメントしている。

 ドラマの展開とともに、婦人会のボスであるMEGUMIから目が離せない。(窪田史朗)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「全裸監督」に続く!?松本まりか主演“前貼りなし”過激作品に期待の声
2
三吉彩花、ちょっと動いたらバストがこぼれそう!心配の声も出たジッパー衣装
3
沢口靖子「科捜研の女」“打ち切り”報道で密かに喜ぶ人の「意外な理由」
4
広瀬すず、「“バスト突出”タンクトップ姿」で飛び交ったファンの期待!
5
テレ朝・森川夕貴、「夕方の顔」でバストより注目の“テーブル下”下半身ゾーン