芸能

トラウマ?中山美穂が浜田雅功にぶっちゃけた歌番組での“赤面失態”とは

 歌手で女優の中山美穂が、1月2日放送の「ごぶごぶ 正月SP」(MBS)に出演。番組MCの浜田雅功に意外な過去を明かしている。

 中山と浜田は1994年のTBS系ドラマ「もしも願いが叶うなら」で初共演。浜田は中山の長兄役だったが、現場の雰囲気が良く、二兄役の浜崎貴司、三兄役の岡田浩暉を加えた4人で、いまでもLINEで連絡を取り合っているという。

 今回の「ごぶごぶ」でロケバスの移動中、視聴者からの質問で、「デビューして一番恥ずかしかった仕事」を聞かれた中山。「ないと思うんですけど…」と言いつつ、「お芝居してる時のほうが楽というか、その方がやりがいがあったというか。自分自身で何かをやらなければいけない、例えばバラエティーとかは結構苦手でしたね。恥ずかしかった」と告白。

 そこで浜田は、かつて松本人志とダウンタウンで司会をしていた「HEY!HEY!HEY!」(フジテレビ系)を振り返り、「トークせなあかんやん。あれは素の自分やん。ああいうの苦手やんな?」と聞くと、「すごく覚えてるのが、妹(忍)が(映画の)『ガメラ』をやってて、松ちゃんが『ガメラってねえ…』とか言ったら、『ねえ』って言ってるんですよ、私」と苦笑い。浜田が爆笑すると、中山は「あと、『MAXって売れるんですかね?』って聞かれて、『どうでしょうね?』とか言ってるんですよ。それオンエアされて、どうしようと思って。悪気があるつもりじゃなくて、仲いいからこそだったんですけど」と明かした。

 昨年デビュー35周年を迎えた中山は、ほかの場面で老眼の悩みも告白。浜田は「案外よくしゃべって、なんでも言うでしょ。こういう人なんです。みんな中山美穂をよく思い過ぎや」と笑っていたが、今後はそんな素顔を見せてくれる機会が増えるかもしれない。

(鈴木十朗)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
森七菜、新CMで見せた“まん丸お椀型Eバスト”躍動に垣間見える「覚悟」
2
小泉今日子「略奪愛&政治色」を払拭する「桃色ステージ」(1)復活に水を差す不貞の代償
3
元巨人スコアラーが明かした松井秀喜の「不器用」と高橋由伸「無冠」の理由
4
宇垣美里がガチで狙われていた?ピスタチオ小澤、嫁との交際を拒んだ仰天理由
5
人気局アナ「No.1アイドル争奪」下剋上バトル勃発(2)日テレ・市來玲奈と岩田絵里奈に不仲説?