芸能

中村芝翫・渡部建の“雲泥”「不貞のその後」になぜここまで差が出たのか?

 歌舞伎役者・中村芝翫の不貞報道は、妻・三田寛子の見事な「すっぴん&笑顔」対応によって、あっと言う間に沈静化した。

 芝翫は、まだ橋之助だった4年前にも京都の芸姑との不貞を報じられており、ネット上では「許せない」「全く反省していなかったんだな」と荒れまくっていたが、当の歌舞伎界はどこ吹く風。芝翫は特に会見をすることもなく、予定されていた舞台にも出演し続けている。

 同じく不貞スキャンダルを報じられたアンジャッシュの渡部建が、仕事を降板させられたうえ長い謹慎を余儀なくされているのとは対照的だが、歌舞伎界がスキャンダルに寛容なのは理由がある。

「若手のうちはタレント活動や俳優をすることもありますが、歌舞伎役者の主戦場はテレビではなく舞台ですからね。チケットを買ってくれる客を呼べさえすればいいんです。歌舞伎役者は小さい頃から仕込まれた芸がありますし、なかなか替えがきかない存在だということもある」(芸能リポーター)

 ファン側も、ある程度の教養や金銭的な余裕のある大人がほとんどのせいか寛容で、昔から“女遊びは芸の肥やし”などと言われるのもそのためだ。

 本来なら笑いという芸を売るお笑い芸人も「芸の肥やし」は同じはずだが、今や歌舞伎界とは取り巻く状況が大きく違っている。

「昔はともかく、今の芸人はライブなどの舞台だけではなかなか食えませんし、メディアやイベントに呼ばれないと仕事になりません。そこで問題になるのがスポンサーの存在。世間の反感を買うような低好感度の芸人はキャスティングされませんし、代わりの芸人はいくらでもいる。ほとんどの若手芸人は大金を稼いで女の子にモテたいと思ってこの世界に入ったはずですが、もはや女遊びが笑いのネタになる時代ではありません」(前出・芸能リポーター)

 どうしても女遊びがしたいという若手芸人たちは、人気や好感度に左右されないだけの“芸”を磨き上げるしかなさそうだ。(松本大祐)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
楽天・田中将大に「不可解な動き」次回登板のメドなしで「無期限2軍」の不穏
2
水原一平が訴追されて大谷翔平の「次なる問題」は真美子夫人の「語学力アップ」
3
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題【2024年3月BEST】
4
【ボクシング】井上尚弥「3階級4団体統一は可能なのか」に畑山隆則の見解は「ヤバイんじゃないか」【2024年3月BEST】
5
「失策王&打率2割以下」阪神・佐藤輝明に持ち上がる「外野へ再コンバート」の劇薬