芸能

中村芝翫・渡部建の“雲泥”「不貞のその後」になぜここまで差が出たのか?

 歌舞伎役者・中村芝翫の不貞報道は、妻・三田寛子の見事な「すっぴん&笑顔」対応によって、あっと言う間に沈静化した。

 芝翫は、まだ橋之助だった4年前にも京都の芸姑との不貞を報じられており、ネット上では「許せない」「全く反省していなかったんだな」と荒れまくっていたが、当の歌舞伎界はどこ吹く風。芝翫は特に会見をすることもなく、予定されていた舞台にも出演し続けている。

 同じく不貞スキャンダルを報じられたアンジャッシュの渡部建が、仕事を降板させられたうえ長い謹慎を余儀なくされているのとは対照的だが、歌舞伎界がスキャンダルに寛容なのは理由がある。

「若手のうちはタレント活動や俳優をすることもありますが、歌舞伎役者の主戦場はテレビではなく舞台ですからね。チケットを買ってくれる客を呼べさえすればいいんです。歌舞伎役者は小さい頃から仕込まれた芸がありますし、なかなか替えがきかない存在だということもある」(芸能リポーター)

 ファン側も、ある程度の教養や金銭的な余裕のある大人がほとんどのせいか寛容で、昔から“女遊びは芸の肥やし”などと言われるのもそのためだ。

 本来なら笑いという芸を売るお笑い芸人も「芸の肥やし」は同じはずだが、今や歌舞伎界とは取り巻く状況が大きく違っている。

「昔はともかく、今の芸人はライブなどの舞台だけではなかなか食えませんし、メディアやイベントに呼ばれないと仕事になりません。そこで問題になるのがスポンサーの存在。世間の反感を買うような低好感度の芸人はキャスティングされませんし、代わりの芸人はいくらでもいる。ほとんどの若手芸人は大金を稼いで女の子にモテたいと思ってこの世界に入ったはずですが、もはや女遊びが笑いのネタになる時代ではありません」(前出・芸能リポーター)

 どうしても女遊びがしたいという若手芸人たちは、人気や好感度に左右されないだけの“芸”を磨き上げるしかなさそうだ。(松本大祐)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
稲村亜美、雪中ドラム缶風呂に“タオル1枚”で隠し切れなかった「Eカップ」
2
真木よう子、「青のSP」で噴出「演技力とバスト激揺れは反比例」考察とは?
3
“清純派”高橋ひかる、突如の「三角エリア見え」衣装で指摘された“ウラ事情”
4
あわや放送事故!?高橋ひかる、「20分間スカート奥見え」の“騒然”瞬間とは
5
綾瀬はるかが登場!?「青天を衝け」視聴率爆下げもNHKが企む秘策とは?