芸能

森七菜「移籍トラブル」で「隠れ豊満バスト」が激震(1)ステージママの存在が浮上

 ドラマや映画に歌手活動と八面六臂の活躍を見せる若手女優に、突如、所属事務所の移籍騒動が持ち上がった。時に「奴隷契約」になぞらえられるほどビミョーな問題だけに、トラブル発生が危ぶまれている。が、それ以上の大問題が‥‥。収穫前のたわわに実ったバストが表舞台から去るなんて、勘弁してくれ!

 激震の震源は1月14日夜に、森七菜(19)のインスタグラムがアカウントごと削除されたことにあった。フォロワーが100万人以上もいたものだから、

「所属事務所『アーブル』のサイトからプロフィールも消えている!」

「引退? 七菜ちゃん、不祥事でも起こしたか」

 とネット上が騒然。芸能マスコミが嗅ぎつけるまでに、さほど時間を要しなかった。なにしろ森は現在、最もブレイクしている女優である。

 昨年、NHKの朝ドラ「エール」でヒロインの妹役を射止め、出演した映画「ラストレター」(東宝)の主題歌で歌手デビュー。さらにTBSで高視聴率を叩き出す火曜ドラマ枠の「この恋あたためますか」に主演し、まもなく主演映画「ライアー×ライアー」(アスミック・エース)が公開される時期だ。旬のオンナを放っておくわけがなかった。

「インスタ削除の直前、森は『日本ジュエリー・ベストドレッサー賞』の授賞式に出席。豪華なドレスとダイヤのネックレスを身につけて『こんなにキラキラしたジュエリーは初めて』と、しおらしく笑っていたんです。こっちにしてみれば、『裏で何が起きていたんだ?』となりますよ」(スポーツ紙芸能担当記者)

 当然ながら、ハチの巣をつつく大騒動に発展。翌朝のスポーツ各紙に「大手事務所移籍」と見出しが躍った。移籍を調整中と伝えられるのが「ソニー・ミュージックアーティスツ」。二階堂ふみ(26)や土屋太鳳(25)らが所属し、森の歌手活動の窓口でもある事務所だ。芸能ジャーナリストの沖直人氏はこう指摘する。

「『アーブル』は森の他に2人しか所属タレントがいない。いわば、弱小プロダクション。大手が強引に弱小から引き抜くなんて昔の話で、今は弱小のほうが逸材を大手に預ける形の移籍が一般的です。それだって移籍金が発生して一筋縄ではいかないのに、今回は森が突然、サイトから消えた。すわッ、トラブル発生かと思ったら、案の定でした」

 裏側で、森の実母と「アーブル」の女性マネージャーA氏の存在が浮上しているが、

「森は中学3年の夏休みに家族と海鮮焼き店で食事しているところを、たまたま大分に帰省中だったA氏の目に留まり、スカウトされました。以来、『この子に人生を賭けた』というA氏の奮闘なしには、森の成功は語れないのも事実です。ただ、舞台を中心に手がけてきた事務所で、ビッグビジネスの経験がなく、ギャラの配分を巡って森側が不信感を強めていたそうです。また、高校時代は大分に住んでいた森を、仕事のたびにA氏の自宅に泊まらせるなど、私生活まで管理することに嫌気が差して、あと1年ほどの契約期間を残して、昨年末に森のほうから契約解除を申し立てたのです」(スポーツ紙芸能担当記者)

 一方、実母も以前から話題に事欠かないキャラだった。高校時代に「弁当箱を開けたら、マックのポテトしか入っていなかった」というのは、森が番組で明かす鉄板ネタ。それほどファンキーな人柄だったとか。

「高校卒業が決まった昨年2月、七菜ママも森と一緒に上京してきた。それから撮影現場にママが現れ、口を出してきて、入浴シーンをカットさせたなんて話もある。ステージママはトラブルのもとだ。しかも『ギャラはママが管理して、自分は小遣い月3万円』と森が話していたぐらいだから、七菜ママが欲張った結果が騒動の発端なのではないか」(芸能プロ関係者)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
2
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
3
京都「会館」飲食店でついに値上げが始まったのは「他県から来る日本人のせい」
4
「とにかく恥ずかしかった」太川陽介がブチまける大ヒット曲「Lui-Lui」の「給料7万円アップ」ウラ話
5
海外移住のフワちゃん「遊んでいても年商1億円超」新ビジネス開始の「驚異の商才」