芸能

かたせ梨乃 お茶の間がそのバストにどよめいた!旅番組で貫禄「入浴シーン」披露

 超熟色香満載のかたせ梨乃(63)が、新春からお茶の間をどよめかせた。私生活が安定しているようで、公私ともに色香あふれる21年になりそうなのである。

 1月2日に放送された「あさこ・梨乃・美里の5万円旅 新春スペシャル軽井沢~黒部ダム」(テレビ東京系)に出演した、かたせが眼福もののサービスショットを披露してくれた。

 同番組は、雙葉学園出身の後輩・いとうあさこ(50)とともにゲストを迎え、艶っぽい入浴シーンがお約束になっている好評シリーズだ。今回の入浴は、前半こそ全身をバスタオルで包んでいたが、後半になって少しのぼせてきたのか、胸元がはだけた状態に。さくら色に上気した推定Gカップの谷間は今も豊潤で、ゲスト出演した宇垣美里が入浴シーンのみ不在だったため、かたせの貫録ばかりが際立っていた。「極道の妻たち」(東映)をはじめ、おっぱいを丸出しにして数々の濡れ場に挑んできた極上ボディは健在というわけだが、近年のかたせはバラエティー番組への出演に重きを置いているようだ。

「一時は要介護5に認定された父親と認知症の母親の介護のため、10年ほど前から泊まりの仕事を断ってきたそうです。両親に異変があったらすぐさま対応するため、極力、都内を離れずに収録されているバラエティーのみに仕事を制限してきました」(芸能ジャーナリスト)

 仕事にセーブをかけながらも、18年頃から旅番組の地方ロケを解禁している。

「両親の介護生活に一応の区切りがついたからです。3~4年前から父親の体調が回復傾向にあり、話し合いの結果、有料老人ホームに両親を入所させる決断をしました。それでも、すぐに駆けつけられるように、長期の映画の撮影は引き続きNGとしているようです」(前出・芸能ジャーナリスト)

 映画でハードな濡れ場を拝めないのは残念だが、そうしたシフトチェンジは所属事務所との二人三脚によって成立しているという。

「昨年の6月に菊池桃子が独立して、事務所の屋台骨を支えるのが西川貴教とかたせ頼みになっているんです。かたせとしても、事務所には長期にわたってワガママを聞いてもらった恩義があります。テレ東の旅番組で、1泊2日という短い日程でも泊まりの拘束でギャラは最低100万円といわれている。入浴シーンにもゴーサインでオファーを受けているかたせは、張り切って収録に臨んでいるそうです」(芸能プロ関係者)

 行きつけの店にボトルを持参するほどのシャンパン好きだが、酒太りにも気を配っているという。

「それでも空き時間ができると、パーソナルジムに通って体型を維持しているそうです。美ボディを競う大会で優勝した西川のアドバイスもあるでしょう」(前出・芸能プロ関係者)

 ところで、私生活が落ち着いているのは、なにも介護生活がひと段落したからというだけではない。独身の彼女に「謎のパートナー」の存在がささやかれているのである。

「大企業の元幹部だそうですが、つきあいはもう10年以上になるというのです。長い介護生活でも彼女を全力でサポートしてきたといわれます。一昔前の、新宿二丁目に頻繁に出没しては若い男の子たちと交遊を持っているという話も最近は聞きませんから、現状に満足しているのでしょう。かたせが住まいとしている港区内の高級マンションに、お相手が通ってくるそうです。お互いに酸いも甘いも知り尽くした年齢で、『セクシー』な大人の関係を楽しんでいるのでしょう」(前出・芸能ジャーナリスト)

 離れて暮らす両親に吉報を届けてもらいたいものだが。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【雨予報のGI宝塚記念】ドウデュースは大敗!重馬場で急浮上する「この3頭」のウハウハ適性
2
横浜F・マリノス「ホーム試合開催」大ピンチがスポーツ界に拡大する「深刻大問題」
3
人気俳優Aに「年内結婚」「事務所独立」が急浮上
4
サッカー前園真聖の後輩選手がビクビク暴露「高校時代は怖すぎた」その理由を聞いて脱力
5
大谷翔平の主婦人気ガタ落ちは本当か!本塁打単独トップへの無関心に「理由は結婚じゃない」