芸能

めるる、芸能人の間でも最上級評価!席巻のウラにゆきぽよ“脱落”の追い風

 2月12日放送の「金曜日のスマイルたちへ」(TBS系)にゲスト出演した、モデルでタレントの“めるる”こと生見愛瑠。

 番組は「第一回 輝く女大賞」と題して、売れっ子共演者たちが今年度のバラエティー女王を選出するという内容で、エントリーしたのは生見、朝日奈央、みちょぱ(池田美優)、 お笑い芸人トリオ・ぼる塾、3時のヒロインだった。そんな中、生見に対するVTR出演した共演者らの絶賛ぶりは目を引いた。

 バイきんぐ小峠英二は「可愛いっすよね。そこにいて声帯を揺らしておけば、とりあえず成立しますよね」「一つひとつの現場を楽しんでる。楽しんでる感じを周りが見て楽しくなってる。テレビ観てる人も『可愛いねぇ』とか思ってんじゃないですかね」と高評価。平成ノブシコブシ吉村崇も「バラエティーを踏み台に次のステージに行こうとしている人。 かつての中村アンさん、菜々緒さんみたいな感じで、女優さんを狙ってるのかな。みちょぱとは別格ですよ」と演技力も評価した。

 先輩のみちょぱは、若者の間で流行していることを聞かれることが多いものの、22歳になるとわからなくなってきたと明かし、「若者目線で呼ばれるのが(藤田)ニコルと私が多かったので、『ちょっと最近厳しいよね』って話してたら、そこで“めるる”がポンって出てきてくれたので嬉しいんですよ。そっちがもうできないから」と後輩の活躍を歓迎しており、今年は生見が本格ブレイクしそうな気配が漂っている。

「すでに昨年から活躍していますが、先ごろ、同じギャル枠の“ゆきぽよ(木村有希)”が過去に親交のあった男性が自宅で薬物に絡み逮捕されたと報じられ、仕事が激減。その空席を埋めるのに“めるる”はちょうどいいと思われます。所属事務所が大手のエイベックスで安心感がありますし、ルックスのほうも、ゆきぽよやみちょぱほど強めのギャルではないため、テレビ視聴者に受け入れられやすい。今後ますます売れてくると思われます」 (テレビ誌ライター)

 今年の“めるる”に注目したい。

(鈴木十朗)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
挿入から行為後まで…真木よう子が公開した疑惑の写真に「これは完全にヤッてるな」
2
「バスVS鉄道」なのに「歩きまくり20キロ超」太川陽介が顔をゆがめた「難対決」再び!
3
明石家さんま「木村拓哉以外とは会ってない」SMAPとの溝を作った決定的発言
4
石川秀美が松本伊代を圧倒!56歳「バストは現役バリバリ」奇跡の膨らみ
5
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」