芸能

騒動直前にアンケート!?ゆきぽよ、世間に聞いた“男性を見る目”結果の「意外」

 今年に入り、たび重なるトラブル報道に見舞われているモデルでタレントのゆきぽよこと木村有希。1月21日発売の週刊文春で、昨年5月に知人男性が自宅で法律違反の薬物を使用した容疑で逮捕され、ゆきぽよも尿検査をされたことが、2月4日発売の週刊新潮では自身プロデュースの肌着のデザインの“パクリ”疑惑が報じられている。

 その彼女が2月16日放送の「ロンドンハーツ」(テレビ朝日系)に出演。冒頭、ロンドンブーツ1号2号の田村淳が「このタイミングでよく来たね」とさっそくイジる。

「《収録直前に例の報道が》とテロップが出ましたが、2つのスキャンダル報道のどちらのことなのか一瞬判断に迷いました」(テレビ誌ライター)

 田村の言葉にゆきぽよは「このタイミングで呼ばれると思ってなかったです」と苦笑いし、「覚悟してきました!」と意気込みを見せた。

 田村は「テーマによっては大丈夫だから」とフォロー。が、発表されたテーマは「男を見る目が無さそうな女」。何とも皮肉なテーマとなってしまった。

「今回のテーマは報道前に決定済みだったということで、スタッフは頭を抱えていたそうですが、結果としては報道のおかげで盛り上がった面もありました」(前出・テレビ誌ライター)

 この日、“格付け”される出演女性タレントは、ゆきぽよのほか、タレントのみちょぱこと池田美優、藤田ニコル、朝日奈央、フリーアナの鷲見玲奈、AKB48の峯岸みなみ。さらに芸人からは納言の薄幸、3時のヒロインの福田麻貴、ガンバレルーヤのよしこ、ぼる塾のあんりの計10名。果たしてゆきぽよは、20~40代一般男女から“男を見る目がない女”と思われてるかが気になる展開となった。

 女性陣代表で順位予想したあんりによればゆきぽよはワースト4位。理由をあんりは、「過去の恋愛エピソードのパンチが強い」「自分ではつき合う男は普通だと思ってるかも知れないけど、ゆきぽよの普通はみんなにとっては普通じゃない」とし、多くの女性にヤバイと思われるタイプの男でも、ゆきぽよは普通と思っていそうだと指摘。これにはゆきぽよも、ただただ苦笑い。そして結果、一般男女200名のアンケートでのゆきぽよの順位はワースト5位と、意外に“健闘”。

「ゆきぽよの結果は、アンケートを取った時期が例の報道が出るより前だったせいでしょう。報道後なら順位はもっと悪かったかもしれません」(エンタメ誌ライター)

 一般男女はゆきぽよの“男性を見る目”について、「ありとあらゆるクズを知っているからもう大丈夫そう」「ノリが軽すぎてオールOKに見えるので、つけこまれそうだし、自分を守る力がなさ過ぎて、悪い人が近づきやすそう」などと評価。

 ゆきぽよは「世間様の言う通りでございます」と、神妙な面持ちでコメントした。

「ゆきぽよは、報道にあったような失敗を糧にして、男性を見る目を磨くしかないですね。次に同じようなスキャンダルが出れば、芸能活動が終わることにもなりかねません」(前出・エンタメ誌ライター)

 ゆきぽよの今後の“男性遍歴”に注目したい。

(石見剣)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
2
完熟フレッシュ・池田レイラが日大芸術学部を1年で退学したのは…
3
またまたファンが「引き渡し拒否」大谷翔平の日本人最多本塁打「記念球」の取り扱い方法
4
京都「会館」飲食店でついに値上げが始まったのは「他県から来る日本人のせい」
5
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言