芸能

石原さとみ「コロナ感染隠蔽」疑惑に人気凋落が鮮明

 石原さとみ(34)が「コロナ対応のミス」により「人気女優陥落」の危機にさらされている。低視聴率のレッテルを剥がせるのか、それとも──。

 4月スタートの日本テレビ系ドラマ「恋はDeepに」でヒロインを演じる彼女。

 同作のクランクイン初日となる1月中旬にPCR検査を受けた際に、陽性と判明したことで収録はストップ。無症状ながら自宅療養を余儀なくされた。

 誰しも可能性のあるコロナ感染だが、世間から非難を浴びているのが「公表のタイミング」だ。広告代理店関係者が語る。

「自発的に発表したのではなく、2月3日にニュースサイトが報じた後に事務所が感染を公表したという経緯がマズかった。ドラマの情報解禁前ということで日テレ側に配慮した判断だったのですが、ネット上では『なぜ黙っていた』『大物だから特別扱いが許されるのか』といった指摘が相次いだのです」

 イメージダウンの決定打となったのが「共演者への感染隠蔽報道」だった。

「後日、夕刊紙が『石原のコロナ感染は共演者に知らされていなかった』と報じたことが火に油を注いでしまった。記事の中で、同作でダブル主演を務める綾野剛(39)が下手したら自分も感染していたことから『口にこそ出さないが怒っている』と関係者の証言を伝えたことで、綾野のファンを大激怒させています」(芸能ライター)

 その後、彼女の感染について「共演者とスタッフに周知されていた」とも報じられるが、非難の声はやんでいない。広告代理店関係者は「人気凋落は今に始まったことではない」として続ける。

「そもそも昨年10月に一般男性と電撃結婚したことで、男性ファンの『石原さとみ離れ』が急加速していました。1月4日にテレビ東京で放送されたスペシャルドラマ『人生最高の贈りもの』も視聴率7.1%(ビデオリサーチ調べ・関東)と時間帯最低を記録。相次ぎ主演する連ドラも1桁続きで『数字の取れない女の烙印を押されつつある」

 一方、業界内では石原への期待の声が──。

「結婚してから表情が柔らかくなり、体型も以前よりふっくらして、これまで以上に親しみやすいビジュアルになった。作品に恵まれれば視聴率も付いてくるはず。今旬の高視聴率男・綾野との共演で、逆風を吹き飛ばす大活躍に期待したいところです」(テレビ関係者)

 崖っぷち女優に起死回生のドラマとなるのか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
警察出動!三浦友和・百恵夫妻が「右パンチに平手打ち」の大乱闘/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
2
健気!藤田ニコル、衝撃水着ブリッジに「“正面ショット”もお願いします」の声
3
藤田ニコル、インスタに水着姿公開もまさかの「ドテ高」に議論集中!
4
フジ井上清華、割れ目クッキリ四つん這いで髪を振り乱し…「ヌケる!」未公開映像
5
新井恵理那、下半身もスゴイ!「“男好きボディ”を証明した」ピタピタ映像