スポーツ

星野仙一監督、03年阪神優勝の裏に「死球倍返し」!?清原和博の動画で分析回顧

 2002年、原辰徳氏が監督に就任した1年目、巨人はセ・リーグ優勝のみならず、日本一にも輝いたのをご記憶にあるだろうか?ところが、翌年の03年には3位に転落して原監督は突如辞任。記者会見で「青天の霹靂」と複雑な心境を口にした堀内恒夫氏が新監督に就任となり、世間を驚かせたものだ。

 一方、この年にセ・リーグを制したのは、故・星野仙一監督率いる阪神タイガースだった。前年には4位と屈辱を味わいながらも、目覚ましい躍進だったわけだが、これは星野監督の前年からの戦術が功を奏したのではないかと推論する番組があった。

 元プロ野球選手、清原和博氏のYouTubeチャンネル〈清ちゃんスポーツ〉に、西武ライオンズ時代には選手として、また監督としても清原氏と信頼を培った東尾修氏が出演。清原氏は被死球数歴代1位の「196」、東尾氏は与死球数歴代1位の「165」であることから、2月20日に〈日本一のデットボール対談?凄すぎる西武野球の秘密〉とタイトルをつけて投稿されたのだが、清原氏の資料・分析によれば、03年の阪神優勝には死球数も関係していたように思えるのだ。

 資料の中身を紹介すると、02年、巨人が阪神に与えた死球数「8」に対して、阪神が巨人に与えた死球数は「17」。そして03年、巨人が阪神に与えた死球数「7」に対して、阪神が巨人に与えた死球数は「15」と、いわば2年連続”倍返し”となっており、阪神戦において、巨人ナインは萎縮したのではないかと清原氏が推論を展開したのだった。

 故意に当てに行くことは褒められたことではないが、攻めに行った結果の死球であれば、それも戦術の1つかもしれず、またそれが無ければ、あの「青天の霹靂交代劇」も生まれなかったのかもしれないことをしみじみ考えさせられた興味深い回となった。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
テレ東・角谷暁子、ニットがキツそう!まん丸“お椀バスト”がまた進化!?
2
広瀬すず「橋本環奈NG」解除の背水事情(1)格の違いで「相手にならないよ」
3
森七菜、新CM動画“脱ぎシーン”でついに現れた爆裂バスト輪郭が大反響!
4
新垣結衣、大河ドラマ“初出演”に飛び交う「アノ穴はどうする?」の憶測
5
森川夕貴の“電撃婚”で弘中綾香の「円満独立プラン」が頓挫したワケ