芸能

干される可能性も?“隠れ爆裂バスト”森七菜が「風呂シーン」を拒否する理由

 2月22日の「日刊ゲンダイDIGITAL」が、前所属事務所を独立し「ソニー・ミュージックアーティスツ」と業務連携した森七菜に関する記事を掲載した。森は、今年出演する予定だったドラマが白紙になる可能性があるという。

「記事によると、19年に放送され、森も出演していた人気ドラマ『3年A組-今から皆さんは、人質です-』(日本テレビ系)制作チームの新作が、7月から放送予定だったとのこと。その新ドラマは今回も学園モノで、森が主演すると囁かれていたそうなのですが、企画事態が保留になっているのだとか。どうやら、彼女の移籍騒動のイメージ悪化が影響しているようです」(テレビ誌記者)

 そんな森といえば昨年、中村倫也と共演した恋愛ドラマ「この恋あたためますか」(TBS系)で主演を好演。しかし第6話の温泉旅行回にて、“隠れ爆裂バスト”と噂される森の湯舟に浸かるシーンがなかったことで、ネットで苦情が殺到する事態となった。この背景には、彼女の母親が関係していた可能性があるという。

「当時、ドラマでは、男性陣の温泉シーンは描かれたにもかかわらず、森ら女性陣は足湯シーンだけだったため、彼女の肌見せを期待する視聴者以外からも『物語として不自然すぎる!』と厳しい声があがりました。1月16日の『東スポWeb』によると、ドラマ撮影の際、事務所サイドから『(森の)母親からきつくダメと言われているので…』と温泉シーンのNGを出されたそう。当初、スタッフ側も湯舟シーンを入れたかったそうですが、母親の意向もあり、泣く泣く足湯シーンにしたそうです。一部では、移籍騒動の背景にもステージママが関係していると噂されているため、もし業界に口出ししすぎているのであれば、このまま森が干されてしまわないか心配する声もあがっています」(前出・テレビ誌記者)

 最近では、ドラマ「天国と地獄」(TBS系)の綾瀬はるかや、大ヒット中の映画「花束みたいな恋をした」の有村架純らトップ女優も、本編で湯舟に浸かるシーンを披露し好評を博している。森も演技派女優を目指すのであれば、肌見せの解禁が必要かもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
元フジテレビ・久代萌美が「仕方なく妊娠発表」したのは「気になりすぎるネットニュース」があったから
2
「200勝到達」ダルビッシュ有に恐れおののいた落合博満の「あの日本シリーズ」秘話
3
田代まさしが東国原英夫に語った「薬物依存は刑務所に入れても意味がない」持論の是非
4
天国の沙也加が引き寄せた!激ヤセから復活の神田正輝を支えたのは松田聖子の「筑前煮」だった
5
「中距離バッターなんてありえない」名将・野村克也が説いた古田敦也への教え