スポーツ

あの井上尚弥にもスランプ!?大橋会長が井上の“ヒヤリ世界戦”を動画告白

 現在、WBAスーパー・IBF世界バンタム級チャンピオンであり、“モンスター”の異名も取るプロボクサー、井上尚弥。戦績は20戦20勝(17KO)無敗。権威あるアメリカのボクシング専門誌「ザ・リング」が格付けを行うパウンド・フォー・パウンドランキングで、日本人歴代最高2位の評価を受けた日本が誇る最強と言っても過言ではないボクサーだ。

 特に、井上の名前と強さを世界に印象付けたのは、2018年から開催された〈WBSS(ワールド・ボクシング、スーパー・シリーズ)〉だろう。同年10月7日に行われた1回戦ではファン・カルロス・パヤノ相手に1RTKO勝ち。19年5月18日の準決勝エマヌエル・ロドリゲスとの試合では2RTKO勝ち。同年11月7日のノニト・ドネアとの決勝こそKOは逃したものの、〈3-0〉の圧倒的な判定勝ちでチャンピオンに輝いている。

 3人の元プロボクシング世界チャンピオンのYouTubeチャンネル〈渡嘉敷勝男&竹原慎二&畑山隆則 公式チャンネル〉に、井上の育ての親である大橋ボクシングジム会長・大橋秀行氏が出演。井上の歴代の試合の中で最も不安だったのが、2RTKO勝ちとなった〈WBSS〉の準決勝だといった仰天告白をした。

 2月21日に〈Vol.118【大橋秀行レジェンドトーク最終章】一番不安だった井上の試合とは?/大橋ボクシングジム2021年の展望!〉とタイトルした投稿回を観てみると、「ロドリゲスの(過去の試合)映像観て一番ビビったし…。で、ちょうど尚弥スランプだったの、あの時」と語った大橋氏。「彼でもスランプあるんですか?」と畑山氏が問うと、「初めて」と口にし、スランプはすぐに回復したが心配でならなかった大橋氏は、その後心労で入院したと言った仰天エピソードまで明かしたのだった。

 天才、モンスターの名をほしいままにし、無敵に見えた井上にもスランプがあるのだと知らされた興味深い回だった。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    悩める男性を2人が全力応援!YouTube番組「オトナの保健室」がいま話題に

    Sponsored
    249165

    30代後半あたりから悩む男性が急増するというAGA(男性型脱毛症)。「数年前の自分の写真と比べて生え際が後退している」、「風呂上りにドライヤーをかけると頭皮の見え具合がハンパない」など、気付くきっかけはさまざまだが、一度気になり始めると普段…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
WBC「大谷翔平がいくら活躍してもダメだった」日本テレビのホンネ裏事情
2
大阪「警察官を包丁で刺した男」無罪判決で浮上する「バカ判事騒動」再び
3
巨人が頭を抱える「WBC大活躍組」岡本・大勢・戸郷の「新たな野望」問題
4
薬物死!あの「押尾学事件」の被害者両親は賠償請求していなかった
5
はじめしゃちょーも…大人気YouTuberが「核シェルター」続々購入で日本人の危機意識が変わる