スポーツ

あの井上尚弥にもスランプ!?大橋会長が井上の“ヒヤリ世界戦”を動画告白

 現在、WBAスーパー・IBF世界バンタム級チャンピオンであり、“モンスター”の異名も取るプロボクサー、井上尚弥。戦績は20戦20勝(17KO)無敗。権威あるアメリカのボクシング専門誌「ザ・リング」が格付けを行うパウンド・フォー・パウンドランキングで、日本人歴代最高2位の評価を受けた日本が誇る最強と言っても過言ではないボクサーだ。

 特に、井上の名前と強さを世界に印象付けたのは、2018年から開催された〈WBSS(ワールド・ボクシング、スーパー・シリーズ)〉だろう。同年10月7日に行われた1回戦ではファン・カルロス・パヤノ相手に1RTKO勝ち。19年5月18日の準決勝エマヌエル・ロドリゲスとの試合では2RTKO勝ち。同年11月7日のノニト・ドネアとの決勝こそKOは逃したものの、〈3-0〉の圧倒的な判定勝ちでチャンピオンに輝いている。

 3人の元プロボクシング世界チャンピオンのYouTubeチャンネル〈渡嘉敷勝男&竹原慎二&畑山隆則 公式チャンネル〉に、井上の育ての親である大橋ボクシングジム会長・大橋秀行氏が出演。井上の歴代の試合の中で最も不安だったのが、2RTKO勝ちとなった〈WBSS〉の準決勝だといった仰天告白をした。

 2月21日に〈Vol.118【大橋秀行レジェンドトーク最終章】一番不安だった井上の試合とは?/大橋ボクシングジム2021年の展望!〉とタイトルした投稿回を観てみると、「ロドリゲスの(過去の試合)映像観て一番ビビったし…。で、ちょうど尚弥スランプだったの、あの時」と語った大橋氏。「彼でもスランプあるんですか?」と畑山氏が問うと、「初めて」と口にし、スランプはすぐに回復したが心配でならなかった大橋氏は、その後心労で入院したと言った仰天エピソードまで明かしたのだった。

 天才、モンスターの名をほしいままにし、無敵に見えた井上にもスランプがあるのだと知らされた興味深い回だった。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
明石家さんま「木村拓哉以外とは会ってない」SMAPとの溝を作った決定的発言
2
挿入から行為後まで…真木よう子が公開した疑惑の写真に「これは完全にヤッてるな」
3
加藤浩次と宮迫博之が大激論!「雨上がり解散」で蛍原を追い詰めた「アキレた内幕」
4
「バスVS鉄道」なのに「歩きまくり20キロ超」太川陽介が顔をゆがめた「難対決」再び!
5
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」