スポーツ

「お嬢様ボートレーサー」最新報告「富樫麗加でございます!」/戸田は風景が好きだし狭さは苦にならない

 今週はボートレース戸田(埼玉県戸田市)で開催されるG3「オールレディース・第52回報知新聞社杯」(3月7日【日】~12日【金】)に出場します。

 舞台が戸田というのも楽しみです。狭いコースが特徴ですが、そこは苦にならないですし、何よりも戸田の風景や雰囲気が好きなんです。レーサーに憧れていた大学生時代は親友2人を誘って、たびたび観戦に訪れていました。今はファンの皆さんが橋を渡ってレース場に来る光景を見ると、懐かしくなります。

 それに水面と観客席が近いところもいいですよね。デビュー戦がこの戸田で、おじさんたちの熱い声援に驚きつつ「ザ・ボートレース場」といった雰囲気を肌で感じたことをよく覚えています。早くコロナが終息して、これまでのような熱い声援を聞きたいです。

 こうして振り返ると、13年5月のデビューから8年も経つんですね。新人の子と一緒になり「若いな?」と感じるのも不思議じゃないわけだ(笑)。

 今回は127期から2人、川井萌ちゃん(静岡、B2級)と山下奈緒ちゃん(大阪、B2級)が出場を予定しています。

 萌ちゃんとは先日の「第13回楽天銀行賞」(2月15日?18日、@ボートレース宮島)でも一緒でしたが、とてもしっかりしていて19歳に見えなかったし、笑顔がキュートでお化粧も映えていました。

 ただ、萌ちゃんが「(化粧を)濃いめにしてます」と話すも、私から見ればナチュラルメイクなので「もっと目のあたりを真っ黒にしなさい」と、アドバイスをしておきました(笑)。

 127期は昨年11月のデビューなんですけど、女子レーサーが14人と、私の112期(7人)と比べると倍もいるんです。それだけ女子レーサー人気が高いということですかね?。とてもうれしく思います。

 1月のF休み中に多摩川で練習した時も、127期の佐藤ほのかちゃん(東京、B2級)と一緒になったのですが、礼儀正しくて体育会系っぽい感じの、とっても明るい子でした。

 さっそく雑誌掲載のOKをもらって写真を撮ったのですが「アサ芸」って知ってるのかな?

 まあ「1ページ目からオッパイが載ってる雑誌が男性は好きみたいよ?」と伝えながら見せたいと思います。でもやっぱり、ビックリしちゃうかな(笑)。

      ※

■富樫麗加選手【今後の出場予定】

3/7~3/12 戸田(G3)オールレディース・第52回報知新聞社杯

3/20~3/25 大村(G3)オールレディース 第15回蛭子能収杯

4/5~4/11 蒲郡(一般)日本財団会長杯争奪 蒲郡ムーンライトレース

富樫麗加(とがし・れいか):1989年11月8日生まれ。東京支部所属。112期。A2級。13年のデビュー後、白百合女子大卒のお嬢様レーサーとして一躍人気者に。17年5月、ボートレース下関で行われた「トランスワードトロフィー2017男女W優勝戦」で初優勝。6号艇から3連単20万円オーバーで、穴党を歓喜させた。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美
2
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
3
香川照之と長谷川博己が一触即発?「小さな巨人」現場が険悪ムードなワケ
4
「別の理由があった」今でも銀座で囁かれる香川照之「性加害事件の深い闇」
5
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…