芸能

朝加真由美、清純派から完脱ぎの脱皮過去/「青天を衝け」女優の艶場面(3)

 吉沢亮主演の大河ドラマ「青天を衝け」。1年間、どんな感動を我々に届けてくれるのか楽しみだ。脇を固める女優陣を見てみると、いずれも“ベッドシーン上手”あるいは“脱ぎ上手”な実力派の美女ばかり。彼女たちの活躍がドラマを盛り上げてくれるに違いない。

 吉沢演じる主人公・渋沢栄一の伯母・まさを演じるベテラン女優の朝加真由美は、1973年に「ウルトラマンタロウ」でドラマデビュー。清純派女優として人気者となったが、80年代になると、映画で立て続けにフル脱ぎを披露。週刊誌でもマッパを見せるなど、大人の女優へと脱皮を図っていった。

「衝撃的だったのは、80年の映画『純』でしょう。朝加は、江藤潤演じる漫画家志望の青年の恋人役で、物語のラスト付近でベッドシーンが登場します。仰向けに横たわる朝加の顔からバストへとカメラが移動していくと、仰向けになっても横に流れない張りのあるD~Eカップがあらわに。右手でワシワシと左のバストが揉まれ、江藤がその先端を舐めまわすと、そこはもうピンピン状態。顎を上げて感じる朝加の姿がイヤラしいんです」(映画ライター)

 その抜群のプロポーションを堂々と見せつけてくれたのは、82年の映画「汚れた英雄」。

「そこでの朝加は、草刈正雄演じる天才レーサーでジゴロの主人公の女パトロン役。なんとゴージャスなソファにマッパで横たわるシーンがあるんです。豊かなバストと長い脚、ソバージュな下腹部の毛が、実にゴージャス。バストトップは見えていますが、局部は手前のガラスのローテーブルに置かれたワイングラスで絶妙に隠されていました」(芸能ライター)

 また、88年の「メロドラマ」でも、伊武雅刀に揉まれまくっているし、2003年の「オー・ド・ヴィ」では、死体役ながら片バストを出してくれている。

 大河では、長女の手塚真生との母娘共演。より気合が入っているに違いない。(露口正義)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
4
ベタ惚れ「錦鯉・渡辺隆+大島由香里」まさかのカップル誕生に涙する「あの女芸人」
5
中日ドラゴンズを低迷させた「タニマチと夜の活動」「儲かるゴルフコンペ」選手をダメにする文化