芸能

弘中綾香「芥川賞受賞」&「映画監督デビュー」の新野望(3)初受賞を阻むブ厚い壁が…

 ところが、弘中アナの「女子アナ初の芥川賞受賞」に待ったをかけるライバルがすでに存在することがわかった。

「純文学業界で『最も芥川賞に近い女子アナ』といわれているのが宇垣美里(29)です。文芸誌にエッセイを寄稿したこともありますが、今年から小説家としての活動をスタートさせる予定。まもなく処女作が老舗出版社の文芸誌に掲載されるはず」(出版関係者)

 宇垣はTBS在籍時から雑誌連載を持つなど、文章力には定評がある。フリー転身後の現在は「週刊文春」など5誌に連載を抱える売れっ子。昨年、作家の林真理子氏と対談した際に「毎月、文芸誌の『文學界』や『文藝』を読んでいる」「カズオ・イシグロをノーベル文学賞受賞以前から読んでいた」と明かすほどの「純文学オタク」である。

「局アナ時代から小説家デビューに備えて、仲のいい編集者に自作の短編小説を読んでもらい、アドバイスをもらっていたというくらい、筋金入りです」(出版関係者)

 弘中アナにとっては、野望を阻むブ厚い壁になりそうだが、

「むしろ、ライバルがいるぐらいのほうが、弘中アナは燃えるでしょう」

 テレ朝関係者はそう断言して、決して夢物語ではない未来を展望する。

「今年1月の芥川賞ではミュージシャンの尾崎世界観(36)の作品『母影』が、そして直木賞には、ジャニーズ事務所の『NEWS』のメンバー、加藤シゲアキ(33)の小説『オルタネート』がノミネートされて、大きな話題になりました。惜しくも受賞は逃したものの、大きく報じられた。もとより弘中アナと宇垣は、ともに女子アナとして衆目が集まる場所でこそ、実力を発揮するタイプです。仮に、2人が芥川賞に同時ノミネートなんてことになれば、かつてない盛り上がりを見せるはず。下手をすれば、『同時受賞』も夢じゃないわけで、ますます弘中アナの執筆熱は燃え上がりますよ」

 まさに、今は「弘中レボリューション」前夜。女子アナ界の女王が革命家になる日は、そう遠くはない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ボタンが弾け飛びそう!新井恵理那、“Dバスト”躍動バドミントン動画に絶賛の声
2
ゴムは常備!? 重盛さと美、32年間お泊りなしの”連れ込み型女子”宣言のワケとは
3
テレ東・角谷暁子、ニットがキツそう!まん丸“お椀バスト”がまた進化!?
4
とんねるず、「タモリのビールをよそにドンペリ」押し通した驚愕バブリー現場
5
森川夕貴の“電撃婚”で弘中綾香の「円満独立プラン」が頓挫したワケ