芸能

グラドル「第七世代」までの艶系進化論(1)イエローキャブが切り拓いた巨大バスト=成功の近道

 ぺこぱや霜降り明星、3時のヒロインらの活躍によって「お笑い第七世代」の文字を見ない日はない。では、グラビア界はどうだろうか?実はお笑いと同じく、先代たちが築いた「第一世代」から進化を重ねていたのだ。

●第一世代(1986~93年)

 現在のグラドル文化の始まりは、昭和から平成に変わった89年を起源とするのが正しい。昭和の終わりに各誌を総なめにした堀江しのぶによって「あどけない顔に豊かなバスト」という黄金律が生まれ、その遺志を引き継いだ後輩のかとうれいこ・細川ふみえによって「巨大なバスト」を表す新語も定着し、いよいよグラビアバブルの幕開けとなる。いずれも「メディア出演こそ成功の近道」との戦略で、どんな依頼も断ることはなく、テレビも雑誌もイベントもフル稼働することで名前を浸透させた。

 この3人に共通するのは、巨胸の仕掛人こと野田義治氏が創立した「イエローキャブ」に籍を置いたこと。吉本興業がお笑いを目指す者の代名詞であったように、グラビア界においてもイエローキャブは総本山となってゆく。

 ならば、爆裂バストのタレントを集めてグループにしたら──それで成功したのが「C.C.ガールズ」の4人だ。これが当たると雨後のタケノコのように艶系グループが誕生し、一大ブームを築く。かなりB級路線の組もあったが、男たちの目を楽しませたことは事実だ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり【2024年6月BEST】
4
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
5
吉沢京子「芦屋夫人」を捨てた離婚と「中村勘三郎との6年愛」仰天告白/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史