芸能

グラドル「第七世代」までの艶系進化論(1)イエローキャブが切り拓いた巨大バスト=成功の近道

 ぺこぱや霜降り明星、3時のヒロインらの活躍によって「お笑い第七世代」の文字を見ない日はない。では、グラビア界はどうだろうか?実はお笑いと同じく、先代たちが築いた「第一世代」から進化を重ねていたのだ。

●第一世代(1986~93年)

 現在のグラドル文化の始まりは、昭和から平成に変わった89年を起源とするのが正しい。昭和の終わりに各誌を総なめにした堀江しのぶによって「あどけない顔に豊かなバスト」という黄金律が生まれ、その遺志を引き継いだ後輩のかとうれいこ・細川ふみえによって「巨大なバスト」を表す新語も定着し、いよいよグラビアバブルの幕開けとなる。いずれも「メディア出演こそ成功の近道」との戦略で、どんな依頼も断ることはなく、テレビも雑誌もイベントもフル稼働することで名前を浸透させた。

 この3人に共通するのは、巨胸の仕掛人こと野田義治氏が創立した「イエローキャブ」に籍を置いたこと。吉本興業がお笑いを目指す者の代名詞であったように、グラビア界においてもイエローキャブは総本山となってゆく。

 ならば、爆裂バストのタレントを集めてグループにしたら──それで成功したのが「C.C.ガールズ」の4人だ。これが当たると雨後のタケノコのように艶系グループが誕生し、一大ブームを築く。かなりB級路線の組もあったが、男たちの目を楽しませたことは事実だ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
明石家さんま「日本サッカー界の恩人」がW杯特番に呼ばれなくなったワケ
2
オリックス・森友哉「巨人拒否発言」に原辰徳監督が「ナメてんのか」憤慨…これは来季の「遺恨対決」だ
3
体調悪化の渡辺徹を強引に引っ張り出した秋田大学の「致命的ミス」
4
鎌田がキレて久保は欠場…W杯サッカー日本代表に起きている「異変」
5
巨人「外国人獲りまくり計画」にOBが声を荒らげ猛反論