スポーツ

サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「オセアグレイトが波乱を演出」

 春爛漫。伝統の天皇賞・春 が5月2日に行われる。長丁場で争われる「春の祭典」は、数々のドラマを生み続ける、日本ならではのおもしろくも見応えある競馬と言っていい。芝3200メートルという舞台装置は、世界でもマレ。スピード全盛の時代にあって、とにかく興味尽きない一戦だ。

 それだけに不確定要素が少なくない。芝2000メートルで争われる天皇賞・秋より波乱含みである。

「秋の盾」は府中の芝2000メートルが舞台ということで、多頭数になるほど外枠の馬が不利を被ったり、スムーズな競馬ができない場合が多く、簡単に決まりづらい。なのに、馬券的には「春の盾」のほうが荒れている。長丁場のレースが少ないことから、出走各馬のスタミナの有無、距離の適性をきっちり読めないことによるものだろうか。いずれにせよ、馬券的には穴党向きの一戦だ。

 03年に馬単が導入されて以降、これまでの18年間、その馬単での万馬券は8回(馬連は7回)。この間、1番人気馬は4勝(2着1回)、2番人気馬は6勝(2着2回)。1、2番人気馬のワンツー決着は2回のみと、人気どおりにはいかず、過去のデータからも難解なGI戦であることがわかる。

 また、他のGI同様、年齢的には4、5歳馬がよく連対を果たしている。出走頭数が多いこともあるが、そのあたりは頭に入れておいていいだろう。

 それでは今年の顔ぶれを見てみよう。これは、と絶対視できるような馬はいない。本来なら菊花賞で3冠馬コントレイルと大接戦を演じたアリストテレスが不動の存在、主役となってよかった。が、前走の阪神大賞典でよもやの大敗(7着)。道悪に敗因をみる向きもあるが、前々走のAJCCは不良馬場で勝利をモノにしている。陣営の落胆ぶりはかなりのもので、それだけにきっちり巻き返せるかどうか、微妙である。

 他ではとなると、牡馬ではオーソリティ、ディープボンド、ユーキャンスマイル、そして復活の兆しが見える菊花賞馬ワールドプレミアということになるが、それでも全幅の信頼を寄せきれるまではいかない。

 今年の特徴としては牝馬の存在。前哨戦の日経賞を勝って意気上がるウインマリリンと、同2着で女丈夫と言っていいカレンブーケドールだ。ともに有力候補ではあるが、「秋の盾」とは対照的に、過去18年間で牝馬の連対はまだない。そのあたりがどう出るか。

 いろいろ見ていくと、今年も一筋縄では収まりそうになく、ひと波乱があってもよさそうなGI戦だ。

 穴党として最も狙ってみたいのは、オセアグレイトである。

 牝馬のワンツーとなった日経賞は6着。好位で立ち回ったが伸びきれず、勝ち馬との差はコンマ6秒。しかし有馬記念以来3カ月ぶりの実戦で、馬体に余裕を残していた。なので使われての変わり身は十分期待していい。

 実際、この中間の稽古内容は軽快かつリズミカル。雰囲気がすごくいい。

「本格化してきたと言っていい。ひ弱な面がすっかり消えて本当にたくましくなった。長丁場は得意だし、そう見劣りしないと思う」

 菊川調教師は、こう期待のほどを口にする。

 確かに昨秋、ステイヤーズSで初重賞を制してから馬が変わった。続く有馬記念でも9着ながら、勝ち馬とはコンマ9秒差。健闘ぶりが目立っていた。なら実績ある芝3000メートル超のレース。チャンスは十分あっていい。

 大一番に強いオルフェーヴル産駒で、ジェネラス(英・愛ダービー)など、近親、一族に活躍馬が多くいる血統馬。大きく狙ってみたい。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
杉浦友紀よりデカい!?あのNHK美女アナが魅せる「あさイチ」バストのド迫力!
2
本田翼のバストが透けてる?“新CM動画を一時停止”するファンが続出したワケ
3
新垣結衣、ビール新CMで気になり過ぎる!?ニットも歪むバストの“張り具合”
4
菜々緒&仲里依紗、地上波カットされた「スカートの中モロ見え映像」の視聴方法
5
YOSHIKI“芸能界ケンカ最強”でも「大ビビリ」した意外なモノとは