芸能

映画・ドラマ「伝説のヤンキー女王決定戦」(1)広瀬アリス「地獄の花園」にギャップ萌え

 昭和の時代に一大ジャンルとなった「ヤンキー作品」が、ここにきて再ブームの気配。いつもは清純派のアイドルも、十分に下地があった女優も、オールタイムで「女王決定戦」を開催し、タイマンパワーをバリバリ査定!

 5月21日の公開を前に、早くも大ヒットが確実視されているのが「地獄の花園」(ワーナーブラザース)。バカリズムの脚本で、全国のOLたちがバトルロワイヤルを繰り広げる新感覚のエンターテイメントだ。すでにキャンペーンがにぎやかだが、ノリノリでヤンキー姿を披露しているのは広瀬アリス。お笑い芸人のユリオカ超特Q氏が解説する。

「今のアリスは何をやっても当たりに当たっていますね。本来は親しみやすく可愛らしい感じがあるので、このヤンキー姿はギャップ萌えといったところ。そして菜々緒は、背が高くてちょっと目が吊り上がっている顔立ちが、まんまヤンキーテイストですよ」

 ヒロインの永野芽郁が、悪の花園でどう変貌していくのかも公開の楽しみだ。そして、時を戻そう。今につながるヤンキー女優のベースとなったのが、学園ドラマの金字塔「3年B組金八先生」(79~80年、TBS系)のツッパリ役を演じた三原じゅん子だ。芸能評論家の織田祐二氏が振り返る。

「コント番組でも多用された『顔はヤバいよ、ボディにしな』の名セリフ。非公認ですが、そのセリフをプリントしたTシャツが出回ったほどです。自分では手を下さず、舎弟に殴らせるというスタイルが80年代風。さらにドラマ終了後に入学した明大中野高校定時制を2日で退学したのは、不良伝説を確かなものにしました」

 私生活では、恋人と一緒にいるところを撮影した写真誌のカメラマンに馬乗りパンチを食らわせるなど、リアルとファンタジーが混在。文句なしの最強クイーンであろう。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
山田優、「バスト渓谷全開」ルームウェア紹介写真が妄想させる「夫婦生活」
2
芳根京子、「ベッドでの“事後”で見せた貴重なバスト渓谷」にファンがクギ付け!
3
貴重すぎた?「ドラゴン桜」“平手友梨奈の美脚砲”で高視聴率をキープ!
4
本田望結、隠し切れない胸の膨らみが招く?ジワジワ“アンチ”増加の嫉妬現象
5
年収5億!?指原莉乃、TV界「若き女帝」が「華麗なる人脈」を作ったテクとは